2016年08月




エルザ ハンコックが少し
やり返した状態

エルザは腰を押さえている
ウルティアのパワーボムが強烈だったのだ


ハンコックはロビンをお越し コーナーに投げつけた!

ハンコックはエルザの手を掴みロビンに投げつけ
エルザはロビンにラリアット

すぐにハンコックがラリアットをきめてから
ブレーンバスターでロビンを投げきった

ロビン「ぐううぅ…痛い…」


ハンコック「よし 今から… あううぅ!」
投げきったあとにおきあがったハンコックにウルティアがドロップキックをきめた

ウルティアにエルザはすぐにラリアット狙いは
ウルティアがしゃがんで交わし背後をとって高速ジャーマン!

ブリッジを決めているウルティアの腰をハンコックが掴みブリッジをさせたまま クンニ



ウルティア「貴様…んんああ」


ウルティアは逃げれず受けるしかなかった


エルザは頭をうちリング下へ




ウルティア「いくいくぅ! んんああ」
ウルティアは落ちそうになるがまだ耐える

ハンコックの背後からロビンがまんこにペニクリ挿入!腰をふり奥につきまくる


ロビン「私があなたを落とす」

ハンコック「貴様…あうぅ!」
ハンコックはウルティアの攻めを緩めてしまい

ウルティアに顔と右手を両足で挟まれ三角占めを決められてしまう



ロビン「チャンスね!」
ロビンはハンコックに手まん&アナル舐めに攻めをかえてハンコックをいかせた



ハンコック「ああぁう んんああ きもひぃい」

ハンコックはロビンに連続でいかされる



ロビン「落ちなさい!」

ハンコック「んんぅ! …んんぅ!……」


ハンコックは気絶し体を痙攣させる


C.C.「ハンコック失格」

最初の脱落はまさかのハンコック

エルザ vs ウルティア ロビンの形に

C.C.「さぁ 本日のメインイベント!
エルザ ハンコック組
vs
ウルティア ロビン組 選手入場」


先に エルザ ハンコック組がリングイン
エルザ「さて 待ちくたびれたぞ」
ハンコック「わらわとエルザは最強タッグ」


反対側からリングインする二人
ロビン「個々の力はすごいと思うけど」
ウルティア「頭なら私たちしか上かもね?」

四人はにらみ合うより ジロジロ互いの体を見定めていく

エルザ「二人ともビンビンじゃないか!興奮してるのか?」


ロビン「あら? あなたが一番ビンビンじゃない? 」

ウルティア「エルザのペニクリで遊んであげようか?」

ハンコック「互いの体は美しいと認めあってる証拠じゃな」

四人のペニクリはもう勃起していてビンビンだった!


C.C.「始めるわ!レディーファイッ!」

ゴングがなればエルザとハンコックが二人にラリアット狙い! ウルティアとロビンは避けて カウンターで突き飛ばし エルザとハンコックの体がぶつかり合う!



ウルティアはエルザにドロップキックをきめ二人まとめてなぎ倒した!


ロビンはハンコックのペニクリに
ウルティアはエルザのペニクリに
しゃぶりついた!


エルザ「んんああぁ!」
ハンコック「あふうぅん! やめろ」


ロビンは口の中でハンコックのペニクリを舌でなめ回し ウルティアはエルザのペニクリを思いっきり吸い上げた



エルザはウルティアの顔を突き飛ばし ウルティアの口からペニクリが離れ ロビンのアナルを指でグリグリ掻き回す!


ロビン「あはぁ…この…んんぅ!」
ロビンもハンコックのペニクリを口から離し
ハンコックに正面から抱きつかれキスされる


ウルティアはエルザの背後から抱きつき ロビンからエルザを引き離す!

ウルティアはグラウンドでのスリーパーをきめ
両足でエルザの腰回りを背後からかにばさみし

エルザの体に密着し なかなかスリーパーを外しにくい形にもっていく

エルザ「ぐううぅ んんぅ!」
エルザは苦しそうにしながら 抵抗するがウルティアに耳をなめられ力が抜けはずせない


ウルティア「気持ちいいか?エルザ?」

エルザ「ぐううぅ …そんなわけ…ゲホゲホッ…あんん!」

エルザの力が緩んだとこでウルティアはエルザの両足に自分の両足を引っ掛け股裂き! エルザの股は約180度近く開き 無防備なまんこを撫でるウルティア


ウルティア「エルザのまんこ 私がたっぷり愛撫でしてあげるわ」



ハンコック「んんぅ!…エルザ!…きゃあっ ぐううぅ」

ハンコックはエルザに気をとられて ロビンに押し倒され 乳首を吸い上げられる!

ロビン「流石ウルティア…こっちも私で!」
ロビンはハンコックの両手をぎゅっと握り体重をかけ押さえつけながら乳首をあまがみしたり なめ回したり 激しく吸い上げる


その間にエルザはウルティアに2回連続でいかされる

ウルティアはエルザを起こしてからジャーマン三連発!

ウルティア「そろそろ おわっ…ああぅ!」
3発目のジャーマンのあとエルザはすぐに起き上がり意地のラリアットをウルティアにきめた

ウルティアとエルザは倒れ混み動けなくなるがエルザは2回いかされてからのダメージ

ロビンはハンコックのペニクリを谷間に挟みパイズリからペニクリの先端を吸い上げる


ハンコック「なんじゃこの攻めは…胸が柔らかくて気持ちいい…んんぅ!」


ロビン「気持ちいいでしょ?さっさといきなさい」


ロビンはハンコックをいかせた

ウルティアが起き上がりハンコックの顔にレッグドロップをきめた!



エルザもすぐ起き上がるがロビンがエルザの髪を引っ張り場外へ投げ飛ばす


ウルティアがエルザを追撃し 場外でエプロンへのパワーボム狙い エルザは頭をウルティアの股に挟まれ投げられそうになるが耐える だがすぐにロビンが現れエルザのまんこに手まん!


エルザ「うあああぁん!」

エルザはあえぎながらいかされる

ロビン「今よ!」


ウルティア「おらぁ!」


エルザはエプロンにパワーボムで叩きつけられ腰を痛打!

ロビンはペニクリをエルザのまんこに突き刺し 体面座位


エルザを抱き締め 乳首に吸い付くロビン


エルザ「んぐううぅ」

力が入らないエルザはロビンに追い込まれていく

ウルティアはリングに戻り ハンコックの体にスライディングキック


ハンコックは起き上がって交わし
ウルティアの顔を脇に挟み体を捻ってからのネックブリーカーをきめた!


ウルティアは痛む首を抑える

ハンコック「こうか?…どうじゃ わらわの胸と舌は?」


ハンコックはロビンにやられた攻めを真似する
ウルティアのペニクリを谷間に挟み 先端を吸い上げる!


ウルティア「んぐううぅ…気持ちいいが 私は負けん!」

ウルティアは上体を起こしハンコックに抱きつきキス

ハンコックは抱き締めてきたウルティアの力を使い簡単にウルティアを抱き倒す!

ウルティアはハンコックに押さえ付けられながらキスされ ハンコックの巨胸に自分の胸が押し潰されていた

場外ではエルザはよだれを流して大の字に

ロビンがリングに上がりハンコックのお尻をもむ!

ハンコック「なっ エルザは?んんぅ!」

ロビン「場外で大の字よ ペロペロ しばらく戦えないわ ウルティアとじっくりハンコック あなたを味わってあげる!」

ハンコックのアナルを広げ舌で掻き回すロビン

ハンコック「んんぅ!…ハァハァ…わらわが…ぐううぅ」

ハンコックはあえぎながらロビンがウルティアのペニクリをつかんだ


ウルティア「ちょっと…ロビン…あんん 締め付けてくる!」

ウルティアのペニクリをロビンがハンコックのまんこに突き刺した



ハンコック「貴様!…あああぁ!」

ハンコックはロビンをにらむが ロビンはハンコックの腰を掴み 腰を上下に揺らす


ウルティア「んんぅ! いっちゃ」

ハンコックの中でウルティアのペニクリが深く突き刺さるが ウルティアもハンコックに締め付けられ感じてしまい いってしまう


ロビン「フフフ 二人とも気持ちいいのね レロレロ」


ロビンはハンコックの腰を少し浮かし
ウルティアのペニクリと ハンコックのまんこをまとめて舐める



ハンコック「ぐううぅ やめろ!」


意地でハンコックは受けながらウルティアとロビンから離れた


ウルティア「私の体までなめるな! ロビン!」

ロビンの攻めでウルティアも感じてしまったからロビンに注意するウルティア

ロビン「まぁいいじゃない? エルザはまだ場外 今のうちにハンコックを あうぅ!」


ウルティア「ぐううぅ! あうぅ!」

ハンコックが二人にダブルラリアットをきめた


ハンコック「わらわの目の前でおしゃべりするとはな!」


エルザがトップロープからウルティアの腹にダイビングエルボードロップをきめた

エルザ「反撃の時間だ ハンコック!」

序盤から激しい攻めあい

流れはまだまだわからない状況!

ルーシィーとナミはハイタッチ!

ナミ「あとはあんただけ!」

ルーシィー「ナミの手まんと私のスタミナならいける!」


ミネルバが起き上がり 雄叫びをあげる


ミネルバ「負けるかあああ!」


ミネルバは二人をボディタックルでなぎ倒し
すぐにナミを起こして捻りを効かせたバックドロップを決めて ナミに馬乗りし 一発 一発に力をこめてナミに往復ビンタ!

ナミはダメージが大きく ノーガードでビンタをくらい 顔は真っ赤になっていく

ミネルバは起き上がり ナミをリング下に蹴りおとした!


ルーシィーはミネルバの背後からヒップアタック!

ミネルバは交わし ルーシィーをコーナーに突き飛ばす! ルーシィーはミネルバに背を向けてしまいコーナーにもたれてしまう!

すぐにミネルバに背後から抱きつかれコーナーに追い込まれた状態で逃げれないルーシィー

ルーシィーは誘うように腰をつきだした!
スタミナ勝負にもちこむしかないと考えたのだ


ミネルバはバックからルーシィーのまんこにペニパンを突き刺し 腰をふってガンガンついていく!
さらにルーシィーの胸をもみ ペニクリを手こきし
ルーシィーの耳や首を舐めていく


ルーシィー「んああぁ…気持ちいい」
ルーシィーはミネルバの攻めを受けながら ミネルバのペニクリをまんこで締めつけるだけの作戦に出たのだ 自分のスタミナを考えて 自分が失格してもナミがいるからとれた作戦


ミネルバ「素直でいいこじゃ! 」
ミネルバはルーシィーを落とすつもりで攻めながらルーシィーの体を味わって楽しむ!


ルーシィー「んああぁ …いっちゃう!」
ルーシィーはミネルバにコーナーに押し込まれて三回いかされたがまだ落ちる気配はない
ルーシィーがいくたびに ミネルバのペニクリをルーシィーのまんこがしめつけが強くなり快感を与えられるミネルバ!

ミネルバはルーシィーを5回目の絶頂を迎えさせたがミネルバは三回ペニクリでいかされ ルーシィーの作戦に気づく!


ミネルバ「小娘 わらわとスタミナ勝負にもちこんでいたか! やられたな だがこれで落としてやる!」

ミネルバはペニクリを抜きルーシィーのまんこに手まんする!


ルーシィー「あああぁん! ちょっとぬいちゃ…んんんううう!」


ルーシィーはミネルバを感じさせる攻めができなくなり ルーシィーはひたすらミネルバに攻めこまれる形にされてしまう そして流石のルーシィーのスタミナも限界だった!


ルーシィーは最後いってから体を痙攣させ落ちた!

C.C.「ルーシィー失格」


ミネルバ「ハァハァ……あと一人」

ルーシィーを落とすのにかなりスタミナが消耗させたられたミネルバ 攻め疲れた感じが表情に現れていた


ナミがリングイン


ナミはルーシィーが攻められている間休んでいた!スタミナ的にはナミがかなり有利

ミネルバはナミに向かって走りランニングエルボーはかわされ ナミはミネルバの首に手を回し 股間を鷲掴みし クルッと体を捻って遠心力をつけたパワースラムをきめた


ミネルバは腰と背中を強打した!


ミネルバ「ぐうはぁー……いたいぃ」
ミネルバはアドレナリンをだして痛みを消して戦っていたが アドレナリンもきれ 疲れがかなり体に現れ 痛みも体にかなり感じてしまう


ナミ「おわりよ! いただきます!」

ミネルバは簡単に足をとられ まんぐりM字ロックをナミに決められてしまう ナミに対してミネルバのまんことペニクリは無防備


ナミはペニクリにしゃぶりつき まんこに極上の手まん



ミネルバ「んああぁ きもひぃい…… わらわが……わらわが壊れる!んああぁあああ!」



ミネルバは喘ぎながら落ちた


C.C.「ミネルバ失格 勝者ルーシィー ナミ組!」



ナミは大の字に倒れ 意識を取り戻したルーシィーがナミに抱きついてキス


ルーシィー「流石ナミ!」

ナミ「ハァハァ ルーシィーのスタミナ勝負があったからよ」

お互いほめあう二人

ルーシィー「今夜はアルビダ姉さんだけにしようかな? 」

ナミ「たぶん ミネルバは私たち二人と合わないわね」

アルビダ「おや 私かい? まぁ楽しませてもらうわ」

アルビダにルーシィーがだきつき ナミと一緒に歩いて3人で退場した

C.C.「第三試合
ナミ ルーシィー組
vs
ミネルバ アルビダ組 選手入場」

ミネルバにアルビダが抱きついて一緒に入場
ミネルバとアルビダの仲はかなりよさそうだ


反対側からナミとルーシィー
ミネルバ アルビダ組に比べてはそれほど仲が良さそうな雰囲気はない


アルビダ「仲はわるそうね タッグはチームワークが命よ」

ミネルバ「わらわのテクで仕留めてやる



ルーシィー「うっさいわね!」


ナミ「まぁ前の大会で戦ってきた中 いきなり仲良くなれるわけないでしょ!」


C.C.「落ち着け 始めるぞ 試合開始!」


いきなりナミとルーシィーが仕掛ける
ルーシィーはミネルバにヒップアタック
ナミはアルビダにケンカキック


だがルーシィーのヒップアタックはかわし
ミネルバは正面から抱き締めキス


ナミのケンカキックは交わされナミの右足がトップロープにひっかかり股をとじれない状態で背後からアルビダに抱きつかれた


ルーシィー「んん…離せ! あぐうぅ!」
ルーシィーはミネルバにベアバッグを決められ腰を締め上げられる

ミネルバは顔にルーシィーの胸が来るように抱えなおし ルーシィーの乳首に吸い付く




ナミ「あんんぅ 触んな …やぁあ」

アルビダはナミのまんこを撫でながら耳をなめていく!


ナミはバランスをとりながらアルビダの攻めを受けるしかなかった


アルビダ「今いったでしょ? この変態!」

ナミ「うっさ…いくわけ…んああぁ…」
ナミはいかされた


アルビダはナミの体を持ち上げ
トップロープを越えさせてから場外へ落とした



アルビダ「さぁーて 次はこの子♡」

アルビダはベアバッグで無防備なルーシィーのお尻をもむ ルーシィーはミネルバに乳首をずっと吸われ続けていた



ルーシィー「やめ…あうぅ いたあぃ!」

ミネルバは乳首に噛みつき アルビダはルーシィーのお尻をペチンッペチンッと叩く

ルーシィーの尻は真っ赤に染まる

アルビダ「おいしそうなお尻になったわね ペロペロ♪ がぶっ!」

ルーシィーのお尻をなめてから尻の肉に噛みつくアルビダ


ルーシィーは屈辱的で痛い攻めをされ涙目で歯を食い縛る



ナミがリングに上がってきてミネルバの後頭部にケンカキック狙い

アルビダはしっかり見ていてくるっとミネルバとルーシィーを回転させ ナミのケンカキックはルーシィーの背中にヒット

ミネルバはそこからルーシィーを裏投げで投げ飛ばし 誤爆して戸惑うナミを抱き倒すアルビダ!


ルーシィーは腰を撃ち動けない

アルビダは脇固めにいこうしてナミにキス


ミネルバ「貴様のまんこ味わってやる!」

アルビダの脇固めで身動きがとれないナミはあっさりミネルバにまんこを吸い付かれる

ナミ「んああぁ…いやあぁん…んうぅ!」

アルビダ「さっさといきなさい チュッチュッ」

アルビダとのキスだけでも感じるナミ
まんこの中にミネルバの舌が入ってきて掻き回され 汁をだせば吸い付かれる

ナミは二人にいかされてしまう!

ルーシィーがミネルバの足を引っ張り ナミから引き離す


ミネルバはうつ伏せの状態でルーシィーの電気あんまを食らう!

ミネルバは起き上がろうとするがまんこの刺激に絶えれずひたすら受けるしかなかった

アルビダ「なにして…あっ こら! あうう!」


ナミはアルビダの湧き固めから抜けてアルビダの顎に蹴りをいれた!


ナミは起き上がりアルビダを蹴りつけ リング下に蹴りおとし ミネルバの背中に座り片手で顎をつかみキャメルクラッチ!

空いた手で胸を触り耳をなめる


ミネルバ「んああぁ…いやあぁん」

ミネルバはいかされ ルーシィーはミネルバの両足にまたがって座りペニクリを突き刺す!


ルーシィーは激しく腰をふる!

ミネルバ「んああぁ はなせ!」


ナミ「いいわよルーシィー あんたから! きゃあっ」


アルビダが戻ってきてナミにドロップキックを決め ルーシィーの背後からスリーパーを決めミネルバから引き離す!

ミネルバはルーシィーのお腹に膝蹴りを叩き込み
ルーシィーは溝にいれられ一気に力が抜けた

ナミ「この…あぐうぅ!」

ミネルバのビンタをくらい ベアバッグを食らうナミ


アルビダは仰向けになり その上にルーシィーが仰向けになる形でアルビダに抱き締められ アルビダのペニクリをまんこに突き刺さっていた!


ルーシィー「あんんぅ やぁ ナミ しっかり! いやあぁん!」



ナミ「あんんぅ まさかルーシィーの…くううぅ…!」


ミネルバはアルビダとルーシィーの体に股がりゆっくり腰を落とす!


ナミのまんこにルーシィーのペニクリがつきささったのだ!



ミネルバはナミの腰を アルビダはルーシィーの体を揺らす!

ルーシィー「んああぁ…ごめんだしちゃ」

ナミ「んああぁ……いっちゃうぅ!」


ルーシィーはナミの中に出してしまいナミはいかされてしまう!


ミネルバ「 ルーシィーのペニクリであなたを落として…んああぁ」

ルーシィーがミネルバのアナルに指をいれかき回す!


ミネルバの力が緩んだとこで
バシッ バシッバシッバシッバシッ バッチン!

ナミがミネルバの顔を往復ビンタ 最後に力を溜めて強烈なビンタ一発をいれ ミネルバはルーシィーの体からおりて倒れこむ!


ナミは自ら立ち上がり ルーシィーのペニクリからナミのまんこは解放され ナミはルーシィーのまんこに入っていたアルビダのペニクリを抜いてしゃぶりつく!

ナミ「ペロペロ…ルーシィーの汁がついてておいしいわね! ジュブジュルルルウウゥゥ」


アルビダ「あああぁ! ダメ!ああぁ!」
アルビダはナミの口の中に出した!

アルビダの力が緩み ルーシィーがアルビダから離れた!

ルーシィーはすぐにミネルバを立ち上がらせ
ブレーンバスターの要領で垂直にもちあげてから
落とすルーシィーボムを決めた!



ミネルバ「ぐうはぁー …つぅ!」
ミネルバはナミのビンタと ルーシィーボムで頭と腰をうち動けない


アルビダは腹筋をつかい座ってナミの頭を押して
ペニクリのフェラをやめさせようとするが
背後からルーシィーに抱きつかれ
腕を捕まれ ナミに対しての抵抗を阻止される


ルーシィー「アルビダ姉さん 私とキスしよチュッ」


アルビダはルーシィーにキスされ
ナミはペニクリフェラをしながら極上の手まんを仕掛けた!


アルビダ「そんなに攻めちゃ …あああぁん こわれる!……あああぁん!」


アルビダはルーシィーとナミに激しい攻めで感じさせられ連続でいかされ 白目をむき潮を吹いて落ちた

C.C.「アルビダ失格!」

これでミネルバ vs ルーシィー ナミの形に

倒れこんでいたミラとセイラ
先にセイラが立ち上がる!

ビビ「次はあなた一人!ハァハァ…」
息が荒く攻め疲れが出てきたビビ

ミラ「頼んだわ……。」
ミラはリング下に下りて休む


セイラ「負けるか!」

セイラはボディタックルでいきなりビビを押し倒し ビビのお腹に体重をかけたセントーンを決めた

セイラはペニクリをビビのまんこにつきさし
ビビのまんこを手コキ!


ビビ「いやあぁん やぁああ!」

セイラ「終わりだー!」


ビビはまんこもペニクリもどちらもいかされてしまった


ビビ「ううぅー…もうダメ……。」


C.C.「ビビ失格」


これでミラ vs セイラの形になった

セイラは立ち上がると 背後からミラに抱きつかれてしまう

セイラ「離せ! んんああぁ」


ミラはセイラの耳をなめ セイラの胸を揉んでいく


ミラ「じっくりレズしましょ? えっ…んんぅ/// プゥハァー…あぐぐぅ!」


セイラは振り向きミラを抱き締めキス

しっかり腰をつかみ セイラはベアバッグを決める
ミラの足は浮き セイラの体と密着する!



セイラ「いれてやる! ここか?」
ベアバッグを決めたままミラのまんこにビンビンのペニクリをいれようとするセイラ

ミラのまんこ周辺をセイラのペニクリがつつく!


ミラ「やめなさいよ! んんぅ!あああぁ!」

ついにセイラのペニクリがミラのまんこに入る

セイラはミラの腰を揺らし まんこのおくにセイラのペニクリが突き刺さっていく



ミラ「あーん 気持ちいい///」

セイラ「どうだ! これで決めてやる!」

ミラはいかされるがミラのまんこもセイラのペニクリを締め付け快感を与えた!


セイラ「なぁっ?……いくぅ!」
ミラの中に出し 足の力が抜けたセイラはバランスを崩し 後ろに倒れミラの下敷きになった


ミラ「こういうのはどうかしら? フフフ」

セイラのペニクリをいれずにセイラの体とまんこで鋏み 体重をペニクリにかけて圧迫するミラ


ミラは腰をふり セイラのペニクリにまんこき!


セイラ「なんだそれは…くううぅ…気持ちいい///」


ミラ「まんこきよ! これなら私よりあなたしか感じそうね」


セイラはミラの胸をもんで抵抗するが

ミラに両手を捕まれ阻止される
ミラはセイラの両手を引っ張りバランスをとって激しくまんこをセイラのペニクリにすり付ける!



セイラ「んああぁ 出ちゃう!」

セイラはまんこきで連続でいかされた


ミラ「フラフラね 私の中で終わらせてあげる」

体力的にかなり有利にしたミラは自らまんこにセイラのペニクリをいれ抱き起こし セイラにキス

セイラはキスやペニクリを軽く締め付けられるだけでもかなり感じてしまうくらいになっていた


セイラは戦意喪失し ミラの口の中に舌を出して ミラを引き寄せ ミラの体に自分の体をすり付け気持ちよく負ける気に
セイラは一気に決めてもらいたかった様子だが

ミラはそれを察して攻めを緩めセイラの体をじっくり楽しむ


セイラ「ぐうぅ んぱぁ…早く決めろ……んああぁ…」

セイラはミラに舌を吸われ 頬や唇を舐められキスされる


ミラ「嫌よ 有利な状況であなたは逃げれない状態 楽しませてもらうわ」


ミラはこの状態で30分ほどセイラの体を味わい
一気に腰をふり ペニクリをしめつけ 連続でセイラをいかせた


セイラは大の字に倒れ失神!


C.C.「セイラ失格 勝者ビビ ミラ組!」

ミラ「やったわ!」

ミラはガッツポーズを決めた

ビビ「この人は私がもらうわ ペニクリの攻め練習しないとね」

サディ「サディちゃん いじめられちゃう んんぅ~」



ミラはセイラの意識が戻ってからお姫様抱っこ!


セイラ「くぅうー あのまんこき?あれは気持ちよすぎた」



ミラ「今夜はあなたが私にするのよ 気持ちよくしもらうわセイラ 最近大会参加してなかったらかなり溜まってるし まだ物足りないわ」

ミラはセイラを抱えて退場した

↑このページのトップヘ