2017年03月

あゆみ「んうう! ああぁ やめろおぉん」

ルナ「アッハハハ いい声ね」


ルナは場外であゆみを攻めながら第3試合がはじまります


レイナ「では続いて 第3試合 カゲトラ vs 白雪の試合を始めます 選手入場!」


白雪「やっと私の出番ね!」

場外からコーナーに登ってムーンサルトリングインした白雪


反対側から下からカゲトラが這い上がってきた

カゲトラがいきなり白雪の背後から襲いかかった!


白雪「あうぅ! ああぁ!」


白雪はカゲトラに背中を叩かれまくってから 場外に投げ落とした



レイナ「ゴング鳴らして ゴング」

カン!!!!



カゲトラは白雪の髪をつかんで
場外のルナに白雪を投げつけた



ルナ「あうぅ 何すんだてめぇ!」


ルナは白雪に蹴りを入れてから カゲトラの胸に強烈なチョップを叩き込んだ



カゲトラ「ぐっ! お前がじゃまなんだよ」


カゲトラはルナに強烈な膝を叩き込んでから
ボディスラムで白雪の腹にルナを投げ落とした


ルナ「あうぅ!」


白雪「オエェ…ぐぅ!」


カゲトラは白雪の髪をつかんでリングにあげた



あゆみはルナの体に覆い被さって手マン

ルナ「んああぁ…なにすんだ んうう!」

あゆみ「決勝はコブラに勝たせるわ 少しでも体力削ってあげる」


場外ではルナにあゆみの反撃が始まった


リング上ではカゲトラが白雪にストンピング連発から 白雪の両足をもってから 踏みつけ式の電気あんま

白雪「んああぁ やめろ…んうう!」


カゲトラ「気持ちいいか?ほらほら!」


じっくり足を振動させたり 激しく振動させ
白雪は感じていく

カゲトラは足をもったまま反転してエビ固めを決めた


白雪はエビ反りで 腰を反り曲げられる


白雪「ああぁ んああぁ いたあぁい!」



カゲトラ「オラァ どうした? ロープまでうごけよ!」



白雪「んああぁ…ぐぅ! 負けない」

白雪はプッシュアップして ロープを掴もうと動く


カゲトラはロープまでたどり着くまでに技をとき

白雪「えっ なっ!! あうぅん」

カゲトラはデッドリフト式のジャーマンスープレックスで白雪を後ろに投げ飛ばした


白雪は叩きつけられまんぐり返し状態で動きが止まった


カゲトラ「 物足りないわね チャンスあげるわ♡」

カゲトラは自ら下のコスチュームを脱ぎ白雪の顔に座った


カゲトラ「いい尻ねぇ 食い込ませてやる」


白雪の尻を両手で叩きまくった後 白雪のコスチュームを食い込ませていく


白雪「んああぁ…やぁあ」


リング上でカゲトラが一方的に試合を進めるなか
リング下では


ルナ「ぐぅ いくうぅん!!」


ルナがあゆみにいかされていた


あゆみ「あんたが私の女になったら?♡ 私たち相性よさそうよ んうう!」


あゆみはルナの両手を押さえつけ ルナの体に覆い被さってしっかり体重をかけてキス



ルナ「んああぁ… 調子にのんな」


ルナは腰を反りあげ あゆみを突き飛ばし
竹刀であゆみを滅多うち

あゆみ「ちょっいたあぁ! いやあぁ」

竹刀を痛がり 四つん這いでルナから逃げようとするが あゆみの尻を竹刀で叩きまくるルナ


ルナ「これでおわり!」

ルナは場外であゆみにパイルドライバーを決めた

あゆみは思いっきり頭をうち気絶した

ルナ「ふぅ~ 負けたくせに調子のんじゃないよ」



リング上ではカゲトラがコスチュームの上から白雪のまんこを撫でていた

カゲトラ「すごい びっちょびちょ♪ ドMで私の攻めが気持ちいいのかしら? んうう!」


白雪が下からカゲトラのまんこをなめ回した



白雪(こんなやつに負けるか!)



カゲトラ「んうう! 気持ちいい でもあんたしか先にいか…やぁ!」


白雪はカゲトラの両脇に両足をひっかけ反転した


白雪はカゲトラのクリに吸い付き手マンで攻めていく


白雪「いっけけぇ! んうう!」

カゲトラも下から反転する


カゲトラ「お前がいっ…けえぇ! やあぁああ」

白雪「んああぁ…いくううぅ!」


両者ほとんど同時にいってしまう!



レイナ「両者1ポイント」



白雪はカゲトラから離れ息を整える



カゲトラはすぐに起き上がり すぐにロープにはしってランニング攻撃狙い!


バシシィン!

カゲトラ「なっ!!」

ルナが場外でカゲトラの背中に竹刀攻撃


カゲトラ「てめぇ! あぐぅ!」


ルナ「オラアアァ」

頭に強烈な一撃をカゲトラの頭にいれた!


カゲトラはフラフラしてるところを白雪はスクールボーイでまんぐり返し状態に丸め込み一気に手マン


カゲトラ「んああぁ…いやああぁ!」

カゲトラは暴れるが白雪は必至に押さえつけ
しぶとく手マン


白雪「このまま一気にきめてやる!」


白雪は一気に攻めこむ




カゲトラ「んああぁ いやああぁ! どけろぉお…あああぁ あうん!」


カゲトラはいかされてしまう


レイナ「白雪 2ポイント」



白雪は攻めをやめることなく 手マンを続けた


カゲトラ「ちょ 離れろ 連続はあああぁ! いやああぁん いきたくない ああぁんぅ ううああぁ いっちゃ んうぅ うぅーんぅ……」



カゲトラは連続でいかされ 潮をふいて気絶した



レイナ「白雪 1ポイント 勝者 白雪!」



白雪「よっしゃああぁ! えっ…んんぅ///」


ルナが白雪の目の前に現れキス


ルナ「ぷぅはっ やるわね♡ 決勝私が勝ってあなたを私の女にしてやる んんぅ」


コブラ「あゆみを 倒したのね やるじゃないあなた」


コブラもいつの間にか現れ ルナの尻をなでた



コブラ「あなたたち二人とも美味しそうね 私の間接技で締め上げて全身ペロペロしてあげるわ♡ んんぅ!」


ルナがコブラにキスをした

ルナ「あなたもおいしそうなのよね まぁあとで楽しみましょ」


ルナは先にリング下におりて退場



白雪「勝つのは私よ」


白雪も退職し 続いてコブラも退職した

決勝は

白雪 vs コブラ vs ルナの3wayマッチ














image


image


image



image



ボツイラストだな ハハハ

ルナ 「あああぁ いやああぁん 離れろ」

あゆみ「んああぁ あぁ オラオラ いけいけ!」

あゆみが優位な体勢で貝合わせで攻め立てていく
ポイントは2対2
あと一回先にいかせたら勝負が決まる

あゆみ「おとなしくいきなさいよ ほらほら すごい音」

二人のまんこがすれあい ビチャビチャ♪と音が鳴り響く


ルナ「んうう! 調子にのんなぁ! 」

ルナは足をあげ あゆみの頭に振り落とした!

あゆみ「なっ あぐぅ…この…あうぅ!


ルナは足であゆみの顔を蹴り飛ばした


あゆみは攻め疲れのダメージもあり
仰向けで大の字に

ルナもあゆみの体から離れて休む


両者息を荒くしながら息を整えて
両者同時に立ち上がりフラフラながら
おでこをぶっつけ 至近距離でにらみあう


ルナ「勝つのは私よ! オラァ」

ルナが先にあゆみの頬に強烈なビンタをいれた


あゆみは踏ん張りはりかえす

あゆみ「負けるかぁ!」


バチッバチンバチバチバッチン!

ビンタの連打が繰り広げられたが

ルナの手がとまり あゆみが
往復ビンタ! 何発もルナの頬に叩き込んだ


あゆみ「私のパイルドライバーから たっぷり潮ふかせてやる」

あゆみはルナを持ち上げパイルドライバーの体勢に

ルナ(これを喰らったらまけちゃう…)



ルナは必死に両足をジタバタさせて抵抗する

あゆみ「ぐっ おとなしく やばっ」

あゆみの体勢がくずれ 後ろに180℃反転し
ルナは両足で着地し 今度はルナがあゆみをパイルドライバーの体勢でもちあげる形に


あゆみ(負けたくない ぐうぅ!)

あゆみも両足をジタバタさせて抵抗するが

ルナはしっかり立ち 両手であゆみの尻を揉んだり叩いたりしながら あゆみのまんこを吸い上げた


あゆみ「ちょっと…んうう!いやああぁん」

両足でルナの頭をしめあげてまんこで ルナの口と鼻を塞ぐ抵抗にでるが ルナはしぶとく吸い上げた


あゆみ「ちょっと ダメエェ …あうぅ!」

あゆみの力が抜けたとこで ルナはヒップダウンし
あゆみの頭がリングに突き刺さった


あゆみはしばらく力が入らなくなった


ルナ「終わりだ 」

あゆみのまんこに指3本でかき回し
クリを吸い上げるルナ


あゆみ「んうう! いやああぁん いくいくぅ!」


あゆみは大量の潮をふかされた


レイナ「ルナ 1ポイント 3本先取でルナ選手の勝利です」

ルナ「よっしゃああぁー 私のかちだ クソアマ 優勝は私がもらう


あゆみ「ハァハァ… ちょっとやめろ ここでお仕置き?んうう!」


ルナはあゆみを場外に落とし ペニパンを身に付けて あゆみのまんこをつきまくる


ルナ「別にいいじゃねぇか? 次の試合私に犯されながら見ようよ」

あゆみ「いやああぁん♡」



第2試合はルナが勝ち星を納めた








あゆみ vs ルナの試合は1ポイント先取でルナがリードしながらあゆみを攻め立てていく

ルナ「 ほらほら さっさといきなさい」
69の体勢であゆみの上に乗り まんこを舐めていく


あゆみ「あぐうぅ 調子に乗んな クソアマ」

ルナ「んうぅ やめろ 離せ! あうん」

あゆみは両足でルナの首を締め付けた
さらに コスチュームの上から ルナのアナルに指をいれ掻き回し ルナに抵抗する力をいれさせない


ルナ(ヤバイっ しまってる おち…!!)

あゆみは1分ほどルナの首を両足で絞めたあと
体を半回転してから ルナを抱えながら立ち上がって パイルドライバーを決めた!

ルナの頭はマットに突き刺さり ルナは意識がとびそうになった


あゆみはルナのコスチュームを脱がしてから
もう一度パイルドライバーの体勢でキープ

ルナ「ちょっ んうぅ…ああぁ!」

逆立ち状態のルナのまんこをパイルドライバーの体勢で舐めていくあゆみ

あゆみ「アハハハ いい声で鳴くわね」

1分ほど舐めてからあゆみはパイルドライバーで再びマットにルナの頭を突き刺した




あゆみはまんぐり返し状態のルナのまんこを舐めていく

ルナ「んうぅ…いやああぁあ なめんな」

ルナはパイルドライバー2連発のダメージで抵抗する力が入らない


ルナ「いやああぁあ やめろ!」

屈辱的な体勢であゆみに攻め続けられるルナ

クリを吸ったり まんこをなめたり 指2本いれかき回し 好き勝手に攻めるあゆみ そして

ルナ「んうぅ…いくくぅ ああぁ」
ルナは達した

レイナ「あゆみ1ポイント」



あゆみ「フラフラなあんたの体じっくり遊んでやる」

あゆみはルナの乳首に噛みついた

ルナ「あうぅ んうぅ」


あゆみは乳首を激しく吸ったり 舌で往復ビンタしてもてあそぶ


ルナ「んうぅ…離れろ!」

ルナはあゆみを両手で突き飛ばし 片足であゆみの顔面を蹴り飛ばして距離をとり息を整える


あゆみもフラフラしながらロープを使って起き上がった

先に起き上がったあゆみがルナに向かってランニングエルボー狙いだが ルナは体をいれかえ強烈なパワースラムで切り返し すぐに起き上がってセカンドロープから飛んであゆみの腹にダイビングエルボードロップ

あゆみの体に上半身を乗せたまま あゆみの左足を掴み股を広げさせて ルナは指2本いれて手マン

あゆみ「んうぅ…やあぁ いやああぁあ どけ やめろ」

あゆみはジタバタ暴れるが ルナがしっかり体重をかけて足も掴んでいる


ルナ「おとなしくしてろ 気持ちいいんだろ? なぁ!」


あゆみ「んうぅ…いやああぁあ いきたくない んんあぁあ」


ルナ「おまんこヒクヒクしてんぞ ほらぁさっさといけ いけいけいけー!」


ルナは激しく指を抜き差し


あゆみ「んんあぁあ…いっくくうぅ!」

あゆみの体が痙攣し あゆみはいった


ルナ「あと1回いかせれば終わりか もっといたぶってやるよ」

あゆみを起こし コーナーにもたれさせてから
反対コーナーから串刺しのラリアット狙い


ルナ「 このっ なっ!」


レイナ「あぐうぅ」

あゆみは近くにいたレイナを掴みルナのラリアットはレイナに



ルナ「おい しっかりしろ あぐぅ」

バシッ バシッ!

あゆみは竹刀を持ちルナの体をめったうち


強烈な一撃を頭にいれ ルナは倒れこむ


あゆみはルナの背中に座り

竹刀の柄をルナの尻に突き刺した


あゆみ「アハハハ いい格好ね こっちしかいいかしら?」

今度はまんこに柄をさしてグリグリ動かす


ルナ「んんあぁあ 貴様 やめろ んああぁ…」


あゆみは竹刀攻撃を楽しんだあと 竹刀を場外に投げ捨て 片えび固めに

あゆみは自分の指2本を口に加えたっぷり唾液をつけてからルナのまんこに指を突っ込んだ


ルナ「いやああぁあ やめろ んああぁ…」

あゆみ「いい声ね このまま2本とらせてもらうわよ!」

あゆみの指がルナのまんこを激しくかき回して
いき ルナは我慢の限界が来て

ルナ「あうぅん んうぅ んうう! 」

ルナは痙攣して達した

レイナ「あゆみ 2ポイント」

あゆみは片エビ固めをえぐい角度で締め上げ
ルナの背中腰が反られて ルナは腰に痛みをあたえられる

そして反り返って ルナを仰向けにしてあゆみは
貝合わせを仕掛けた ルナを腰を痛めているが
あゆみは優位なポジションをとり
ルナのまんこにしっかり体重をかけて
まんこをすり付けていく

ルナ「んうう! やめろ んああぁ はぁあぁ」

あゆみ「ほらほら さっさといきな 試合が終わったらまだまだ私がたっぷり可愛がってあげるからさ♡」


あゆみが激しく攻め立てていく
このまま 勝負が決まってしまうのか?

↑このページのトップヘ