2017年09月

破れた沙弥は乳首と股間の刺激によって目を冷ました


沙弥「んんぅ?…ちょっ…ちょっと!」


彩乃が沙弥の乳首に吸い付きゆっくり沙弥のまんこをペニバンで突いていたのだ

彩乃「やっと目が覚めたか 本気でいくぞ♡」

彩乃は沙弥が目を冷ましたことに気がつくと本気で腰をふりはじめた


沙弥「うそぉ…まだいきまくったばっかりなのにいぃー んんぁあ…イッ…イクウゥン!」

image



彩乃は数回いかせれば沙弥を起こして胸もみ
乳首も引っ張って弄ぶ

彩乃「いい胸してるわね やわらかいし」


沙弥「いったあぁい」

image



彩乃は胸を好きなだけ遊べば沙弥を振り向かせてから手まん&キス

image




沙弥は数回彩乃の手まんでいかされ
たおれこむ



彩乃のお仕置きはまだまだ終わらない


まんぐり返しから 彩乃のまんこに座るようにペニバンをいれていった


彩乃「お前のまんこぶっ壊してやるよ」


image





沙弥は彩乃にめちゃくちゃに弄ばれて

大量に塩を吹き 気絶するまでいかされた


小百合「じゃあ 1回戦 第二試合 ルナ vs 沙弥 いっちゃうわよーん♡」


沙弥とルナが間合いを詰めて睨みあう


ルナが先に沙弥の胸をめがけて逆水平チョップを放つが 沙弥は避けてルナの背後から抱きつき
両手で胸をもみまくる

沙弥「なぁーにぃこれ! めちゃくちゃ柔らかい♡」


ルナ「あんたの背中に当たってるわよ 沙弥あんたいい匂い♡」


なんと互いに相手を誉めまくる

ルナ「でもすぐ やらしい匂いプンプンさせてあげるわ♡」

ルナは沙弥の手を振り払い 壁どんし

左手で沙弥の片足を持上げて 右手で手まん

沙弥「ああぁあん ちょっと んああぁ」

image



ルナ「ほらほら …いきなさい!」

激しく掻き回していく



沙弥「あああぁん いくいくぅ! あぅん!」

沙弥は達して座り込む


ルナは攻めを緩めず 沙弥と貝あわせ


image



ルナ「逃がさないわ 気絶するまでいかせてやる!」

ルナは沙弥を抱き締めキスもし 二人のまんこだけでなく 巨乳も擦れあう

沙弥「んんぅ! 負けないもん!」


沙弥とルナの貝あわせは5分ほど続き 両者ともに数回達していた

ルナが沙弥の顔を往復ビンタから
沙弥の頭を股間にはさみ パイルドライバー狙い

沙弥は耐えるが

沙弥「んんぁあ やだぁ! やめてぇよ! いやああぁ!」

ルナはパイルドライバーをやめて沙弥の股間に手まん

image



ルナ「何回いっちゃうのかしらね」

ルナはまた沙弥を数回いかせてから手放す


沙弥はもうぐったりしている!


ルナ「さて そろそろ終わりよ

ルナは右脇に沙弥の顔に挟み脇固め 右乳で沙弥の鼻と口を塞ぎ 沙弥の右手を両足で挟んでロック


沙弥「ぐぅ ぐるしぃい!」


ルナ「落ちなよ んんあぁ!」

沙弥の右手の指2本は ルナのまんこをとらえた
沙弥が中をなんとかかき回す

image


ルナ「んんぁあ…どっちががまんできるかな?」


ルナは受けながらも余裕だった


沙弥の抵抗はそれまでだった

沙弥の意識はうすれていき 落ちた

沙弥はルナの脇固めと右乳によって落とされたのだ


小百合「ストップ ストップ ルナ選手の勝ち」

小百合のレフェリーストップ


ルナ「よっしゃあー! 決勝は奈美だったわね あんたも脇固めから私の胸でおとしてあげる」


ルナは控え室に上機嫌で戻っていった

彩乃「 おい 起きろ! オラァ!」

彩乃は破れた志乃の顔にビンタを連発

志乃「んんぅ! いたい …んう!」


志乃は痛みに目を冷ます

彩乃がつけているペニバンが自分の谷間に挟まっていて 先端が口元に

彩乃「舐めろよ!」

彩乃が命令口調だが

志乃「いっ いやぁ!」

志乃は断ったが すぐに彩乃の往復ビンタから両手で首を数秒閉められた


彩乃「お前は負けたんだぞ 敗者お仕置きだろうがよ」



志乃「んぐぅう うぅん ペロッ…ぐうぅペロッ」
志乃は 涙と鼻水をだしながら 仕方なく彩乃のペニバンをなめはじめた 谷間に挟まれたペニバンも自分の両手でパイズリをする


image




彩乃「いい子だ 次は奥まで しゃぶれよ!」

彩乃は志乃の髪を引っ張り座らせた

そして志乃を頭を両手でもち 喉の奥までペニバンを突っ込んだ

志乃「んぐぅう うぅん! あぐうぅん!」

image





彩乃「よしよし いい子だ そろそろいれてやるよ」



彩乃は志乃を抱っこして ペニバンをいれる
彩乃はすぐに志乃の膝裏を両手でもち揺らす
志乃のまんこの中を彩乃のペニバンが中をかき回す

彩乃「よし 自慢の胸を私にすり付けな」


志乃「んんぅ! はいぃ…」

志乃は彩乃に抱きつき 彩乃の胸に自分の巨乳をすり付けていく

image




彩乃は志乃を揺らしながらキスをしていく


志乃「んんぅ!…きもひいぃ! しっ舌おいしぃう」

彩乃は志乃の口に舌をいれていき 志乃も彩乃の舌を味わいながら 軽く吸い上げる


志乃「うぅん!…ああぁ んあぁあ きもひいぃ! いっぱいいっぱいいっちゃう やだ もうやめてよ ああぁん」


彩乃「まだまだ私は満足してないわよ♡」

志乃はいっぱいいかされ 嫌がるが
彩乃は満足するまで攻め続け 彩乃の攻めが終わるときは志乃は気絶していた


彩乃「さぁて 喉が乾いたし控え室であんたのまん汁いっぱいもらおうと♡」


彩乃はペニバンを志乃にいれたまま抱き抱えて控え室に戻っていった

小百合「では 1回戦はじめちゃお♪」


志乃「私が勝つ!」


奈美「私が勝つのよ!」


二人は部屋の中央で体当たりし 二人の巨乳がぶつかり合う 二人の体が衝撃で跳ね返されるが奈美がもう一度体当たりをしようとするが


志乃「くらえ!!」

突っ込んでくる奈美の体を両手で持ち上げ
奈美の体当たりのちからも使い 後ろにエクスブロイダーでカウンター技を決めた

奈美「あうぅ!」

奈美の体は半回転し ピンクのマットに叩きつけられた



志乃「潰してあげる!」

奈美の顔に上から抱きつき 巨乳で鼻と口を塞ぎ窒息させようとする


奈美「んぐぅう んんぅ!…この…ガブッ」

奈美は苦しむが下から 志乃の乳肉に噛みつく

志乃「いたああぁい この…いたぁあ! はなせぇ!」

無理矢理窒息させようと強く抱き締めていく志乃だったが 奈美の歯がさらに乳に食い込み 激痛が走った


志乃は奈美の胸や腹を両手で叩きまくり 奈美の噛みつきが解かれ すぐに離れた

奈美「よくもやってくれたな!」


奈美はすぐ立ち上がり スライディング式の膝蹴りを逃げる志乃の後頭部にいれた!

志乃はうつ伏せになぎたおされ 頭を奈美に両手で捕まえられた


奈美は志乃の頭に膝蹴りを5発連続で叩き込み志乃の顔を思いっきり両手でマットに叩きつけた


奈美は志乃の腰に座り志乃の尻を両手で叩きまくる そしてアナルに指をつっこむ

奈美「オラァ きたねぇケツだな」


志乃「んぐぅう うるさぁーい! 調子に乗るな!!」


志乃は起き上がり奈美は前のめりに倒される

志乃は起き上がり奈美は四つん這いになってるとこで奈美のまんこを後ろから蹴りあげた


奈美「あぐうぅ!」



痛みに顔が歪む奈美


奈美の両足をもち まんこをふみつけ電気あんまを30秒をほど続けてから 思いっきり足をあげて 奈美のまんこをふみつけた

奈美「あうぅ!…」


奈美は両手で股間を抑え悶絶している



志乃は正面から抱きつき奈美の乳首に吸い付いた
空いてる手で逆の胸を揉んでいる


志乃「いっぱい味わってあげるね…んぐうぅ!」

奈美「好きなだけ味わいなよ!!」

奈美は志乃の顔を思いっきり谷間に挟み抱き締めた


志乃「んぐぅうんう! ぐるしぃい!」

志乃は鼻と口を塞がれたが奈美の谷間を舐めまくり両手をつかって離れようとするが 奈美の抱き締める力が強く 志乃の腰回りをかにばさみする奈美


奈美「落ちろ!!このメス豚!!」
image



奈美の両手 両足の力に負け 志乃は逃げ切れなかった!


2分ほど この体勢が続き 志乃が力を抜け 奈美が
技をとく!



奈美は体の上から志乃を下ろすと
志乃は白目を向いて気絶していた


小百合「志乃選手気絶により 奈美選手の勝ちです」

奈美は志乃の顔を踏みつける

奈美「私の胸はどうだった? 美味しかったか?」


奈美は志乃の腹に座って乳首を吸い上げる

満足すれば志乃の顔に唾をはいて立ち上がる


彩乃「おい 1回戦の敗者はわたしが犯すんだよ なにやってんだよ お前よ」


彩乃が奈美をつきとばす


奈美「あら やっと来たわね 」


奈美が彩乃を抱き締め舌をいれてキスをする


彩乃「んぅうん!…このっ!…なにすんだよてめぇ!」

彩乃が奈美を再び突き飛ばす


奈美「私 彩乃 あなたが一番タイプなの♡ ちょっと絡みたくてね まぁ私が優勝したら会いに来てよ 大会終わったらラブホでもいかない?」


奈美は再び至近距離で彩乃をみつめる


彩乃「うるせぇ! プッ!」 バチーッン!ドカッ!

彩乃は奈美の顔に唾をはき ビンタをいれて
蹴りをいれた


奈美「 ひっどいなぁ まぁ余計気に入っちゃった♡ お仕置き終わっても帰らないでよね♪」

奈美はさっさと対戦場所から離れていった


彩乃「なんなんだ あいつ …さて今から仕事だ♪」



image


レフェリー 小百合

小百合「今回は優勝賞金100万円をかけて四人によるレズキャットファイトトーナメントをやってもらいます まずは四人の選手入場です」


image


image


image


image



小百合「さて 皆さん自慢の巨乳ですね 今回の勝ち負けのルールは レフェリーストップ もしくはギブアップのみでの完全決着ルールとします
反則負けルールはなしよ 自慢の巨乳とキャットファイトで相手をKOしてくださいね
では組み合わせの発表です


1回戦

第一試合 志乃 vs 奈美


第二試合 ルナ vs 沙弥

では各選手マイクアピールしてくださいね」


志乃「ふん 優勝するのは私ね 優勝賞金はわたしのものよ あぅ!」

志乃に胸で体当たりする奈美

奈美「あんたをぶっ倒せばいいのよね あんたより私の胸しか張りも形も 大きさも上だからね



沙弥「私の胸で全員窒息してもらうわ 私の谷間にあんたたちの顔挟んで抱き締めてあげるからおとなくしてね♡」


ルナ「私の胸が一番ね 私の胸で窒息するのはあんたよ」

ルナは沙弥を睨む


小百合「あっそうそう 1回戦の敗者には前回の水着レズキャットファイト優勝者 彩乃のペニバンレズレイプが待ってるからね 決勝の勝者は 決勝の敗者をいじめれるルールにしてるから」

image



彩乃「1回戦は2回 二人は私に犯されちゃうわね♡ 必死に頑張って闘いな 負けたらおまんこぶっ壊れるまで このペニバンでつきまくってあげるからさ」



小百合「さぁ 1回戦 志乃 vs 奈美の試合を始めようか!」


↑このページのトップヘ