カテゴリ: OPレズバトルタッグ


ルーシィ「展開がはやいわね!…ハンコックと昨日楽しんだし ハンコック応援しようかな」


ロビン「私は当然仲間のナミ応援するわ」


ウルティア「どちらもスタミナとレズテクがありそうで厄介そうな相手だな」




リング上ではナミ vs ハンコックの形で

倒れている ハンコックの顔を踏みつけているナミ

ナミ「優勝は私がいただくわよ!」

ハンコック「わらわが優勝じゃ」

ハンコックはナミの踏みつけてる足を両手で持ち上げた

ナミ「きゃあっ …やあぁ… いたぁい…」

ナミはバランスを崩し転んでしまう!

ハンコックはナミの片足を掴んだままドラゴンスクリューから 足四の字をきめた


二人の綺麗な両足が絡み観客は大興奮

ハンコックは序盤にやられたダメージとビビを攻め落とすのに消耗したスタミナを 回復狙いで軽くナミの足を締め上げているだけ


しかしナミは苦痛の表情を浮かべる


ハンコック「ギブアップしたら?」

ナミ「誰がするもんですか!」

ナミは痛がりながら強気な態度をみせ
ロープに近づく



ハンコック「 ほらほら!」


ナミがロープに触りそうになったときハンコックは体を揺らし全力で絞り上げた

ナミ「ああああー……」
悲鳴をあげるナミ なんとかロープを握った


C.C.「ロープブレイク」


ハンコック「あなたのイキ地獄はこれからよ!」


ハンコックはナミの両足をひきずりすぐにリング中央に戻し ナミのまんこを踏みつけ電気あんま


ハンコックはナミのまんこにしっかり体重をかけ圧迫するような形でナミに刺激を与えていく



ナミ「んんぅ…ああぁぁ…やめて」


ナミはハンコックの両足を持ち上げようとするが
刺激で力が入らず 刺激を与え続けられた


先にナミがいかされた!

ハンコック「勝ったな お前のいい体で少しわらわと レズプレイを楽しもうではないか」

ハンコックはナミの水着を脱がし全裸にして

ナミに抱きつき 足を絡ませキス

ソフトな攻めでもナミは感じてしまう



ナミ「負けないんだから!」

ナミは意地で自らハンコックに抱きつき キス

お互いの唇や舌を吸い付きあう二人

ハンコックもナミのテクに感じさせられていた

ナミはキスしながら 先に指2本いれて ハンコックに手まん!



ハンコック「んんぅ……ぱふぁっ やあぁ……んんぅ!」


ハンコックは痙攣しいかされた



ナミは距離をとり息を整える



これでいった回数は
ナミ 1回
ハンコック 1回
の形に


ハンコック「わらわをいかせるとは 流石じゃ」


ナミ「まだまだこれからよ!つぅ…」

ナミは立ち上がるがハンコックの足四の字で
足に痛みが走る



ハンコックはナミに走りラリアット狙い

ナミはしゃがんで交わし水面蹴りでハンコックを転ばせた


ナミはハンコックの顔にレッグドロップをきめ
ナミはハンコックの両手を握ってハンコックの体の上にのり乳首に吸い付く


ナミ「乳首ビンビンねぇ 気持ちいいの?」


ハンコック「うっ うるさい わらわがお前ごときに ぬうぅん……」


ナミ「やらしい声だしちゃって がまんしなくていいのよ」


ハンコックは意地で起き上がり
ナミはハンコックの股に座るような形で
貝あわせの形に


ナミは攻めをかえハンコックを抱き締めキス
しながら腰をふる!



ハンコックはナミの攻めを受けながらナミの尻を両手で揉みながら ナミの腰を激しく揺らす!

結果的にナミのまんこが ハンコックのまんこにすり付ける形になるが どちらも有利不利などなく感じてしまう形になり 二人の体に快感が襲う
ナミとハンコックの先にイきたくない意地と我慢比べ対決!

二人とも連続で数回いくがナミのほうが少し
いった回数が多く力が緩んだ!

ハンコックはナミを抱き起こし ブレーンバスター狙い ナミの体が浮かされるが必至に耐えて着地


ハンコックは体を捻ってフェイント式のネックスクリューを決めた!

ナミの頭はリングに叩きつけられ 首を捻られた痛みで手で首を抑え悶絶する

ハンコックはナミの両足をもちあげまんぐり固め

ハンコック「そなたの愛液をたっぷりなめて落としてあげるわ」


ナミのまんこを手で広げハンコックは吸い付き 長い舌でナミのまんこの中を掻き回す


ハンコック「うまいわっ……チュッチュ ジュルルゥルゥ」

ハンコックの吸い付く音も響き渡る

ナミ「ハァハァ……ダメエェ…まっ 負けないんだから!」


ハンコック「なっ! あうぅ!」

ナミはいかされながら後方回転し 意地でハンコックの顔に ケンカキックをきめた



ナミはハンコックをうつ伏せにししっかり腰に座り逆えび固めをきめながら休む

ハンコックの腰と足には痛みが走る


ハンコック「つぅ……離せ!…」
ハンコックはジタバタ暴れながら ほふく前進でロープブレイク狙い


ナミ「もうかなり グチョグチョね ペッペッ 私の手まんですぐいっちゃいそうね」

ハンコック「何するんだ わらわのまんこに唾などはくな!んんぅ!」


ナミはハンコックのまんこに唾をはき 指3本いれ激しくピストンする手まん!

ハンコック「ああぁん…いやぁあ…んんぅ!」
ハンコックは激しく押し寄せてくる快感に動けなくなり必至に耐えるしかできなくってしまった


ナミは連続でハンコックを10回くらいいかせた

ハンコックはフラフラだが意識はまだあった

しかしナミはスタミナを回復し ハンコックに勝てる自信があった!


ナミはハンコックの両足を掴み もちあげ ハンコックのまんこに座ってまんぐり固め そしてゆっくり腰を動かす



ナミ「ねぇ あの女帝ハンコックが 情けない格好ね ドM女帝ハンコックに改名したら?」


ハンコック「ぐぬぬぅ やかましい…んんぁ そぉんなぁんにぃ… 激しくするなぁあん …わらわが わらわ…が……まっ……け……るぅ…………」


ナミは腰を激しく揺らし ハンコックをいかせ続け ハンコックを落とした


C.C.「ハンコック失格 優勝はナミ ビビ組!」

ビビ「ナミさぁん やったね 流石! チュッ」

意識を取り戻したビビがナミを抱き倒しキス


カリファ「流石ね!」
カリファもリングに上がり ナミに拍手を贈る


C.C.「早速だが次の大会を発表させてもらうぞ
次の大会はフェアリーテイル vs ワンピースのレズタッグ対抗戦だ!対戦カードも発表するぞ」

ナミ「勝った余韻に浸らせてくれないのね?」
ナミは苦笑い



C.C.「そうだ では第一試合
ロビン カリファ組 vs ウルティア カグラ組!」


ウルティア「まさかあなたとレズバトルになるとはね……」

ロビンを睨み付けるウルティア


ロビン「フフフ……運命かしらね?」
笑みを見せながらウルティアを見つめるロビン

ルーシィー「ここでやりあわないでよ二人とも」


カグラ 「あなたと組んであなたと戦うの……ねぇ……んんぁ///」

カリファ「私とも戦うのよ 結構いい体してるわね」

カグラはにらみあってるウルティアとロビンに近づき

カリファはカグラの背後から抱き締め カグラの力をそぎおとし カグラの胸やまんこを服の上から愛撫でする!


カグラ「きっ……気持ちいい……いい匂い……」
カリファのテクと カリファの体や髪からでるいい匂いを思わず褒めてしまうカグラ


カリファ「結構いい子ね 当日たっぷり可愛いがってあげる」
ウルティアとロビンに見せつけるようにカリファはカグラにキス

ロビン「あれがパートナーで私たちに勝てるかしらね?フフフ……」

ウルティア「くぅ……まぁ私一人でお前たち二人を死ぬほどいかせればいいだけよ」


C.C.「続いて第2試合
エルザ ミネルバ vs アルビダ ハンコック組!」


ミネルバ「愛しのエルザと組んで 今日の負け犬が相手か 楽勝だな」

ミネルバはエルザに抱きつく


エルザ「お前とのタッグ 楽しみだな よろしくなミネルバ」

エルザもミネルバを抱き締める
かなり仲良くなったみたいだ

ハンコック「ううぅ……また貴様とタッグだと? 貴様のような雑魚とはわらわは組みたくないわ」

アルビダ「 うっさいわね あんただって今日負けてんじゃない!」

意識を取り戻したアルビダとハンコックは
エルザ ミネルバとは 対照的で不穏な空気が流れていた


C.C.「続いて第3試合
ルーシィー ジュビア vs ナミ ビビ組!」

ルーシィー「次は今日いないけど パートナーは ジュビアか…… あのビビって子は対したこと無さそうだけど ナミってやつは手強そうね」

ビビ「ルーシィーってあの子だっけ?」

観客席にいたルーシィーにビビが指差し

ナミ「そうね 前回たしかパートナーは違うけど ルーシィーは優勝してたわ まぁハンコックより上とは思わないけどね」

ナミはハンコックに勝ったことにかなり自分のレズテク スタミナに自信がついていた



C.C.「では ビビ ナミ 二人で大会締めてくれ」

ハンコック「あんたしっかりしなさい」

アルビダ「うっさいわね」

絞めようとしたらハンコックとアルビダが揉めはじめ仲裁に入るナミとビビ


ビビ「ちょっともめないでください!」


ナミ「次はあたしたち二人とあなたたち二人とカリファ ロビンは仲間よ! 喧嘩は困るわ!」

ハンコック「貴様とも仲間か……今日はわらわが負けた お前がわらわ達のチームリーダーだ ナミにはわらわは従うわ」

ナミ「ふん 結構素直なとこあんのねぇ 今日はお仕置きなしにしてあげるだから 二人ともちゃんと体をケアしといてねチュッチュ」

ナミはアルビダとハンコックの頬に軽くキス


アルビダ「ふん あなたたち 私の足引っ張らないでよ」

アルビダは強気な口調で先に退場

ハンコック「 次の大会ナミとのタッグがよかったわ」

ナミ「まぁいつかそのうち実現するんじゃない?まぁ次の大会 ワンピースチームがフェアリーテイルに三連勝してフェアリーテイルの女たちを死ぬほどいかせてやるから 次の大会も応援よろしくお願いします 今日はありがとうございました!」



とナミが大会を閉めた


ルーシィ「いよいよ 決勝か…ってなんであんたいんのよ?」

ロビン「別にいいじゃない? 負けて私は暇なんだから」

ロビンはルーシィにくっついて座り

ウルティア「次の大会あたれば容赦はしない」

ロビンだけではなくルーシィにも言っている
ウルティアはルーシィにくっついて座り
ルーシィは二人に挟まれる形で座っていた


ルーシィ「あれ? エルザ?」

ルーシィの席の目の前では


ミネルバ「エルザはわらわのものじゃ!」

カグラ「私のお姉ちゃんだ!」

二人がいい争い 二人に挟まれるように抱きつかれていたエルザ


エルザ「まぁまぁ 落ち着いて仲良く観戦しようじゃないか♪」

エルザは二人の肩に手を回し仲裁に入る

まさかのフェアリーテイルの
ルーシィ ウルティア エルザ ミネルバ カグラが
OPレズバトルタッグの決勝を観戦する形となった

C.C.「さぁー いよいよワンピースレズバトルタッグ決勝戦です 選手入場!」


先に入場してきたのは ナミ ビビ組 先にリングインし リング下にセコンドしてカリファが控えていた


ハンコック アルビダもリングインし二人とも
マイクを持ち

アルビダ「この世で美しい美女タッグはだれだぁーい?」

ハンコック「わらわたちじゃあ! きゃあっ あうぅ つぅ……」

ハンコックは観客席に向かってアピールしてすぐにナミはハンコックの後頭部にケンカキック

ハンコックの体はトップロープをこえて
エプロンで頭をうちリング下で腰を打った

ハンコック「きさまぁ…んんぅ」
セコンドのカリファがハンコックに抱きつきキス


リング上ではビビがアルビダに蹴りをいれ
コーナに投げつけアルビダの顔に
ビビのランニングエルボー
ナミのケンカキックをヒットさせた

ナミは高速ブレーンバスターでアルビダをリングに叩きつけリング下へ

ビビはトップロープからアルビダのお腹にダブルニードロップをきめた

アルビダ「ああああー……」
両手でお腹を押さえて痛がるアルビダ


ビビは両手ごと押さえつけるようにアルビダのお腹に座って 片足をもちあけて手まん!

ナミはリング下でハンコックを抱き起こし
カリファがハンコックの胸にミドルキック三連発

ナミはハンコックの両足を背後からM字開脚させるように抱き抱え

カリファが下からハンコックのまんこを蹴りあげ
ナミはそこから手放して ハンコックの尻が地面に打ち付けた

ナミとカリファはハンコックの水着を強引に脱がした


リング上では 身動きのとれないアルビダをビビがいかせまくっていた!


アルビダ「たっ たすけて! ああぁん」


ビビ「助けなんかこないわよ」


ハンコックはナミとカリファにリング下でやられて助けに入れない!



アルビダ「どっけぇー! お前ごと……きに……んんぅ… ギィ ギブアップ!」


なんと試合開始五分程度でアルビダがギブアップした


C.C.「アルビダ失格!」



ビビ「 ハァハァ! やった! あとひとり!」


ナミ「予想外だったけど タッグであんた一人なら楽勝ね!

ナミとカリファは 抱き起こし 全裸のハンコックをリングにあげた


ハンコック「アルビダ なにギブアップしてんだ!」

アルビダがギブアップしたことにハンコックが怒り爆発! ハンコックはアルビダに蹴りをいれまくり リング下へ蹴り落とした



アルビダ「あうぅ…なんだお前は 関係ないやつが……力が……んんぅ」

カリファはアルビダに抱きつき 能力を使いアルビダの力をそぎおとした


カリファ「失格者なら能力使ってもいいわよね フフフ」

カリファはアルビダを全裸にして
アルビダのまんこに吸い付いた


ナミはコーナに戻り休んでいた


リング上ではビビがリング中央でハンコックに背後から抱きつきバックドロップ狙い

ハンコックの体を浮かされたが 必死に耐え
ビビは投げきれなかった

ハンコックが着地した瞬間ビビの背後に回り

腕をとり腰を曲げさせ ビビの後頭部に足を乗せ卍固めからの手まん


ハンコック「これできめてやる!」


ビビ「ああぁん/// やあぁん」

はずそうと試みるビビ しかし しっかり決まっていて抵抗すらできずにハンコックがビビを攻め立てる




ナミ「ビビ!」

ナミがリングに入ろうとするがC.C.が注意し阻止


ナミ「くぅ…10分耐えてビビ」

あと10分たてばタッチ制がなくなる20分に


ビビ「ばすれな…きゃあっ」

卍固めの体制がくずれ二人ともたおれこむが

ハンコック「はずさない!」


ハンコックがグラウンドでの卍固めをきめ手まん

ビビ「ああああー…ああぁぁ……ダメェェ……」


ビビは力尽きた


C.C.「ビビ失格」


ハンコック「どうじゃ わらわのテク はあんぅ!」


ナミがいきなりハンコックの顔にケンカキックで蹴り倒した


ナミ「よそ見してんじゃないわよ!」



ナミはハンコックの顔をふみつけた


まさかの20分以内で タッグマッチの試合が
ナミ vs ハンコックの形となった


続く


ハンコック アルビダの控え室では
アルビダはルーシィ ウルティア ロビンに興味ないのか先に隣の部屋で爆睡

ハンコックの部屋には二つのベッドがあり

1つのベッドにはロビンは全裸で大の字に拘束され

もう1つのベッドではハンコックが全裸で横になっている


ハンコック「 ロビンかわらわ どっちとレズしたいか二人で決めろ 負けたロビンは受けのみじゃが 私とは軽く攻めあいのレズじゃぞ」

ルーシィとウルティアも全裸でハンコックとロビンの部屋にいた


ルーシィ「 どっちとレズしたい……ウルティア どっ……ちと……って早い」


ウルティアはロビンの上になってロビンを抱き締めた

ウルティア「お前にキスされたからな 私が可愛がってやろ」


ロビン「あなたね 大会で戦いたいしタッグも組んでみたいわね……」


ルーシィ「じゃあ私は……きゃあっ」

ハンコックがルーシィの手を掴みベッドに引きずり込む

ハンコック「わらわの相手じゃな」


ハンコックはルーシィを抱き締め至近距離で見つめる


ルーシィ「綺麗ね……」

ルーシィも至近距離で見つめ返す


ハンコック「お前は可愛い……」
ハンコックが唇で軽くルーシィの唇にタッチするようなキスをする


反対側ではウルティアはロビンの口に舌を入れディープキス


ロビン「んんんうぅう……ぱああぁ! ハァハァ……やぁぁん」


ロビンはキスから解放され息を荒くしながら酸素取り込む


ウルティアはすぐにロビンの乳首に吸い付き 優しくまんこを撫でていく


ルーシィ「ねぇ 明日はあなたが試合で 私はオフ……好きなだけ私攻めてもいいわよ? ネコわたしがしよっか?」



ハンコック「わらわにたくさんいかされたいのか? ルーシィ?」


ルーシィはうなずく


ハンコック「ならば気持ちよくしてやろ だがわらわもきもちよくなりたいのじゃ 最初はこれじゃ」

ハンコックはルーシィを座らせ ハンコックはルーシィの股がるように座り腰を降って貝あわせ

ハンコックはルーシィを抱き締めさらにキスをする


ルーシィは受けながら自らの胸をハンコックの胸にすりつけていく

隣のベッドではロビンが無抵抗でウルティアにまんこを広げられ舐められていた


ロビン「ハァハァ……あうぅん いっいくぅん♡」
ロビンはウルティアにいかされたが

ウルティアはロビンの拘束をといた


ロビン「ハァハァ……なぜ ?」

ロビンは驚き質問した


ウルティア「 私は明日オフ あなたも負けて出番なしのオフよね? ハンコックと違い ソフトなレズプレイじゃなくても問題ないでしょ? 私もあなたに攻められてみた……いし! あうぅん」

ロビン「クラッチ! そゆことね 私の能力レズプレイにはもってこいなの 私の攻め 味わってね

ロビンは能力をつかい 手を何本も咲かせて
ウルティアをブリッジ固め

ウルティアの胸をロビンが咲かせた2本の手がもんでいく しかも咲かせた手には口がついていて
揉みながらウルティアの乳首を吸い上げる


ロビン「おいしそうね」

ロビンは お返しとばかりにウルティアのまんこを広げ 舐めていく

ウルティア「ああぁん/// ちょっとこれは反則」


ウルティアはいかされた

ロビンは能力をとき すぐにペニパンを身に付けた
ウルティアのまんこに突き刺した

ウルティア「ああぁん///……きもひぃい……」

ロビン「まだ終わらないでよ 次いったら 私攻めてもらうからね!


ハンコックとルーシィは
激しく貝あわせしていた

お互い数回連続行き合ったがハンコックが途中でやめる


ルーシィ「もうおわり?……ハァハァ」

ハンコック「 攻めもスタミナを消耗するのじゃ まだ続きがしたければ 隣のベッドに参加するのじゃ わらわは寝るぞ」

ハンコックはベッドを降りアルビダと同じベッドに寝転がりアルビダを抱き締め眠りにつく

アルビダは眠そうにしながら目を冷まし
アルビダ「ん? お前か 楽しんだか?……チュッ」

アルビダはハンコックの頬にキスし ハンコックを抱き締め 足も絡ませ ハンコックの谷間に顔をうずくめ再び眠りにつく



ルーシィ「仕方ないわね お邪魔します!」
ルーシィはロビンに抱きついた


ロビン「 邪魔しないでくれる?」
ウルティアからペニパンを抜いて
ロビンはルーシィを突き飛ばし
ロビンは手を咲かせてルーシィを大の字にし
手まんと胸を揉む


ウルティア「邪魔されたからルーシィをお仕置きしよかな?」

ウルティアはルーシィの感じる時を操り遅らせた



ロビン「なにしたの?」
ロビンは驚くが1分ほど攻め続けた

ルーシィ「なにこれ 全然きもちよくないよ?」



ウルティア「3……2……1」
ウルティアがカウントダウンし終われば

ロビンの1分の攻めた感覚が ルーシィに一瞬で伝わる……


ルーシィ「やああぁん///……なにこれ……ハァハァ」

ルーシィは一瞬で連続でいかされ 潮吹き



ロビン「おもしろい能力ね」

ウルティア「あなたもね 二人の能力で ルーシィいじめようか?」



ルーシィ「ハァハァ……なにいって……あうぅん 」

ロビンはルーシィのまんこにペニパンをいれルーシィの両手を引っ張り体を引き寄せ ロビンのペニパンはルーシィに深く刺さり 激しく腰を降ってつきあげる


ウルティアは時を操り 感覚を遅らせ ルーシィにキス

ルーシィ「ちょっと……んんんうぅう……」

二人の攻めは5分続き

ウルティア「3……2………1」

ルーシィ「ああぁん やああぁん…… はああぁ!」


ルーシィの体に感覚が一気に襲いかかり
ルーシィは何度もいかされた


ウルティアとロビンは
ルーシィをまんぐり返しに固めて 二人でルーシィのまんこに吸い付く
ルーシィは二人が満足するまで舐められた


ルーシィ「ハァハァ ……ひどい……ハァハァ」

ウルティア「気持ちよかっただろ?」
ロビン「いき顔可愛かったわ」

二人はルーシィに抱きつき ルーシィの頬にソフトなキスをした


ルーシィ「まだ終わらないでよ……」
ルーシィはまだまだ二人に求めてしまうくらいスタミナがあった


ルーシィはロビンに抱きつきキス

ウルティアにはお尻をつきだして ウルティアの体にすり付け アピール

ウルティアは ルーシィのアナルを広げて
舌先でアナルをなめ回す


ロビン「性欲の強い子ね でもこれで終わりよ!」

ロビンはルーシィの片足をあげ対面式測位で
ペニパンをいれた


ウルティアもペニパンをつけルーシィのアナルに突き刺し ルーシィの耳や首筋にキスし 舐めていく


ルーシィ「ああぁん///さすがにこれは落ちちゃう……」


ロビン「激しくする気はないわよ フフフ」


ルーシィ「そんなぁ んんんうぅう///」

ウルティアとロビンはゆっくりつきあげ
ルーシィの体を攻めることを楽しむ


ウルティア「今日はいれたまま寝ようか?」
ウルティアはいれたままルーシィをだきしめ
眠りにつく


ロビン「朝になったらガンガンつきあげて起こしてあげるわ」

ロビンもルーシィをだきしめいれたまま眠りにつく


ルーシィ「そんなぁ……ハァハァ 私が寝るまで おやすみのキスもらうからね!」



ルーシィは目を閉じて 眠りにつくまで ロビンにソフトなキスを続け いつのまにか眠りについた


ビビ「あんんぅ きもひぃぃ///」


ナミ「次は私だからね カリファ」



カリファ「わかってるわ 今はビビからね」


三人ともカリファが能力で作った泡風呂にはいり

カリファは ビビの体を丁寧に洗っていた


ナミ 「この泡ってあなたの体も洗えるの?」

ナミはカリファの泡ごと カリファの体を撫でていく


カリファ「もちろん ちょっと///」

ナミはカリファのお尻を撫でる

ビビ「もういいわ カリファさん ナミさんあいてしてほしそうだもんね」

ナミ「そんなことないわよ!」

ビビはカリファの泡を洗い流した
ビビの肌はスベスベ モチモチで綺麗な肌になり
ビビの体からはいいにおいがする

ビビ「カリファさん ベットで待ってるね」
ビビは寝室に行き 裸でベットに横になった



ナミ「 カリファ 次は私のばぁ……んんぅ!」


カリファはナミに抱きつきキス
カリファはナミのからだの力をそぎおとし
ナミは力がはいらない


カリファ「んはぁ…… ちゃんと洗ってあげるから少しは楽しませてもらうわ 明日の試合セコンドにもついてあげるからあなたの体で前払いね 」

ナミ「 まぁいいか カリファ 激しくしないでよ」


カリファ「軽くイチャイチャ程度の攻めしかしないわ 試合で負けたの私だし 舌出して」


ナミは素直に舌を出してカリファがナミの舌に吸い付く

カリファはナミのまんこやくりを優しく撫でていく

ナミ「うまい……あなたといつかタッグ組みたいわね」


カリファ「組めるかもね この大会本部の秘書 収益の会計士を依頼されてね 多少は要望聞いてくれるかもね 観客の要望があれば速攻組まれるみたい」


ナミ「そう……あんんぅ くすぐったい」

カリファ「我慢して 丁寧に洗ってるんだから

カリファは攻めをやめ ナミの体を隅々まで綺麗にした

カリファはナミの泡を洗い流し ビビがいるベットへ二人ともベットへ


カリファは真ん中に寝転がり
カリファの背中からビビが
カリファの正面からナミが抱きつく

カリファ「やっぱり私が洗った女の子の体はたまんないわね モチモチした綺麗な肌でいいにおい……やぁぁ……」



ビビ「ナミさん 今日はカリファさんの胸は私がもらいますからね」

ビビはカリファの胸を揉む



ナミ「 私はカリファの唇だけでいいわ ビビ私の胸も揉む? 」

ナミの巨乳とカリファの美乳につつまれるビビの両手


ビビ「好きにさせてもらいますからね」

ビビは好きなだけ ナミとカリファの胸で遊んでから眠りにつく



ナミ「 カリファ舌出して……」


カリファはナミの要求に答え今度は ナミがカリファの舌に吸い付く


キスに満足したナミは カリファの頬にソフトなキスをして眠りにつく


カリファも美女二人に抱きつかれ気持ち良さそうに眠りについた




ロビン「負けないんだから!」

ロビンはハンコックを押し倒し手まん



ハンコック「んんぅ……可愛そうだからチャンスあげるわ 好きなだけ攻めてみなよ」

ハンコックは感じながらも ロビンを攻めずに余裕とばかりに 抵抗せずにロビンの攻めを受ける


ロビンは指2本ハンコックのまんこにいれて必死にピストン ハンコックは耐えるが連続で2回いかされた

しかしここで
C.C.「20分経過!」

タッチ制のルールがなくなりアルビダがリングに入ってロビンに抱きついた


アルビダ「なにやってんの さっさと片付けるわよ」

ハンコックに軽く起こり
アルビダはロビンの水着の中に手を入れ ロビンのまんこの中に小さなバイブをいれスイッチをいれた




ロビン「あぁん やめて」

ロビンはバイブを取り出そうとするが アルビダに両手を捕まれ取り出せない



ハンコック「そう 慌てるな……わらわたちの勝ちは確定じゃ こやつの体は美しい じっくり味わおではないか」


ハンコックはペニパンを身に付け
ロビンの正面から抱きつきロビンにキス


ロビン「 んんんぁうぅ///」


アルビダはロビンの両手首を結べるくらいの紐でロビンの両手を後ろ手にして拘束

アルビダは背後からロビンに抱きつき
C.C.に拘束してるロビンの両手をアルビダとロビンの体で見せなくした


ハンコック「こっちはいいころあいじゃな」

ハンコックはロビンの下を脱がし バイブを投げ捨ててから ロビンのまんこを広げて細長い舌を使い
ロビンの愛液をなめていく


ロビン「んんんぁあ……はっ……はん ……んんぅ!」

ロビンの口をアルビダは手で塞ぎロビンの首筋や耳を舐めていく


ロビンは二人に攻められ続けて何度もいかされた


アルビダ「そろそろ終わりにしよ!」



アルビダは仰向けになり ロビンがその上に乗っかる形になった ロビンの両手はまだ拘束され ロビンの背中とアルビダのお腹に挟まれ C.C.は気づかない


アルビダはペニパンをつけていて ハンコックが手で アルビダのペニをロビンのまんこにいれていく

ハンコックも自らのペニをロビンのまんこにいれて 二人のペニ2本をロビンのまんこが加えている


ロビン「いたあぁい……んんあぁ……」


アルビダは下から突き上げロビンの胸を揉んでいく


ハンコックは突きながら前のめりになってロビンにキス

アルビダの両手はハンコックとロビンの巨乳にサンドイッチされた


アルビダ「なかなかいい形 柔らかさだな」



ハンコック「だろ? 一番気持ちいいのはロビンじゃが!」



ロビン「もうダメエエェェェー…………」

ロビンは泡と潮をふき 白目をむいていきはてた


C.C.「ロビン失格 勝者アルビダ ハンコック組 」


アルビダ「よし 汗かいたし 先にシャワーあびて私は明日に備えて寝るわ」

アルビダは先に退場


ハンコックがマイクをもち
ハンコック「フェアリーテイルの ルーシィとウルティアだったかな? わらわと今晩レズどうじゃ ? わらわはロビンと楽しむが お前たち二人も来るなら可愛がってやるぞ?」


観戦中のウルティア ルーシィを誘うハンコック


ルーシィ「マジ……どうしよ?」

ウルティア「いくか……軽くならかまわんだろ?」

ルーシィ「じゃあいく!」



ルーシィとウルティアは客席からリングに向かう



ハンコック「ほう? わらわとレズしたいようじゃな 可愛がってやろ」


ハンコックはロビンをかかえ
ルーシィとウルティアは後ろをついていき退場した


C.C.がマイクを握り
C.C.「 むぅ……次回は対抗戦やるつもりだったが仲良くされては組みづらいではないか とりあえず 決勝はナミ ビビ 組 vs アルビダ ハンコック組だ 楽しみにしとけ」


とC.C.がマイクで締めた

↑このページのトップヘ