カテゴリ: FTレズバトルタッグ


ルーシィが優勝後

エルザは拷問部屋のど真中で上下黒の下着を身に付けて 天井から吊るされたロープに両手を拘束され爪先立ち常態でいた


ルーシィ「エルザ 可愛い たっぷり可愛がってあげる」

ルーシィは黒のレースのブラと黒い短パンを身に付けていてエルザに近づく


エルザ「ルーシィ 許さんぞ」
エルザはルーシィを睨み付ける


ルーシィ「レズバトルで負けたあなたが悪いのよ 私のパートナーよりもあなたしか優秀なミネルバと組んでさぁ まぁ私にやり返すならレズバトルの大会で勝ってからにしてね♡」

ルーシィはエルザを抱き締め優しくエルザの胸を揉みながら エルザを至近距離でみつめる


ルーシィ「キスしてって言って」

エルザ「誰が言うか! ……んんぅ!」

ルーシィはエルザの乳首を思いっきり引っ張る


ルーシィ「言って!」


エルザは痛みに苦痛の表情を浮かべる


エルザ「くぅ……キッ……キスしてぇ ……」

ルーシィ「わかった してあげる♡」


ルーシィはエルザにキスし 両手でエルザのお尻を揉んでく

そしていきなりエルザのお尻をバシンッ バシンッと叩く

エルザ「あぁう 痛い……」

ルーシィ「エルザ 可愛い」

ルーシィは鞭を手にし

エルザ「あううん…… ああぁ!」

エルザの尻を叩く
真っ赤になったお尻にルーシィは噛みつき エルザの尻に吸い付く


エルザ「んぐうぅ!」
ルーシィはエルザの下着越しに鞭を密着させ
鞭を前後に引っ張りながら 鞭でまんこをすりすりしながらエルザの太ももをなめていく


ルーシィ「エルザ いっぱいいかせてあげる♡」


エルザ「やっ やめろ」

エルザの左足を 天井から吊るされたロープでしばりあげる エルザは右足だけで爪先立ち常態に

ルーシィはエルザの上下の下着をナイフで切り落とし エルザを抱き締め エルザのまんこに指2本いれた


ルーシィ「絞まってる……気持ちいい?」

エルザ「この程度で気持ちよくなんかない!」

強がるエルザ しかしルーシィは指のピストンを激しくした

エルザ「あんんぅ……やぁぁ……」

ルーシィ「気持ち良さそうな声出てるよエルザ」



エルザ「ああぁぁ///」

エルザは痙攣した



ルーシィ「いっちゃったねエルザ」

ルーシィはエルザの愛液まみれのまんこに吸い付く



エルザ「んぅー……きもひぃ……」

ルーシィは好きなだけエルザのまんこをなめまくった


ルーシィ「そろそろ ソフトにいこうかな?」
エルザの縄をほどき ルーシィはエルザをベットに押し倒した



ルーシィ「エルザ 触って…… 」
とエルザの体の上にルーシィが乗り エルザにキス

エルザは受けながら要望に答えルーシィの胸や尻を愛撫でする



ルーシィ「最後はこれしよ 」
ルーシィとエルザは全裸になり貝あわせ


エルザ「くぅー 次は私が勝ってルーシィをお仕置きだからな」


ルーシィ「いいわよ 試合でたっぷりいかせてくれなきゃ私に勝てないわよ」

二人とも激しくすり付けあい 行き果てた


ルーシィ「あー気持ちよかった」
ルーシィはエルザに抱きつき エルザの谷間に顔をうずくめた


エルザ「 今度当たったら容赦しないぞルーシィ」
闘志をもやしながら ルーシィを優しく抱き締めるエルザ

二人は眠りについた


ルーシィとエルザ 二人ともフラフラながら立ち上がる


エルザ「ルーシィ 悪いが優勝は私が頂く!」


ルーシィ「優勝は私よ 優勝してエルザたっぷり可愛がってやるんだから!」



二人は抱き合いキス合戦 お互いペニパンを外し場外に投げ捨てお尻をもみ合う


エルザ「んんぅ!チューッ!チュパッチュッチュ」
エルザはルーシィの唇や舌に吸い付くようなキス


ルーシィは受けながらエルザをコーナに追いやり
エルザの二つの乳首をひっぱり 膝をエルザのまんこにすり付けた



エルザ「あんっ!」

エルザは怯んだ!ルーシィはエルザの片足をセカンドロープにまたがらせ足を閉じれなくした


ルーシィはしゃがんでエルザのまんこに吸い付いた


エルザ「んんぅあぁ///」


エルザはあえぎ声をもらすが維持でルーシィの髪をひっぱり 突き飛ばした

ルーシィ「 きゃあっ……あうぅ」
エルザはセカンドロープから足をはずし
膝たち常態のルーシィにスライディング式ラリアットをきめた



エルザはルーシィを起こし
ルーシィの頭を股に挟みパワーボムの体勢

エルザは持ち上げようとするが
ルーシィは耐える!

ならばとエルザはフェイントなみにガッチリ股にルーシィの頭に挟みジャンプして座るような形になりルーシィの顔をリングに叩きつけた

ルーシィの頭はエルザの股に挟まれ そして座られ動けない


エルザは股にルーシィの頭をはさんだままルーシィのアナルに指を二本いれた


ルーシィ「そこ ダメエエェ///」

エルザ「どこ? どこがダメなの?」
エルザはルーシィのアナルを指で掻き回す

ルーシィは腰をふって逃げようとするがエルザの指にしつこく掻き回された


ルーシィは力が抜けた

エルザ「終わりだ!」
エルザは立ち上がり 一気にパワーボムを決めようとルーシィの体を持ち上げた


ルーシィはエルザの持ち上げた力を使い前方回転エビ固めで切り返し エルザの頭を逆に挟み リングにうちつけた



エルザ「あぁう……」
エルザは頭をうち力も入らず動けない
しかもまんぐり返し状態になった

ルーシィは動けないエルザの両手の上に両足を起きさらに抵抗できない形を作り 手まん&クンニ


エルザ「はぁあぅ ダメだって……あああぁー!……」
ルーシィ「いっちゃえ!!」


エルザは連続で何度もいかされ最後は潮をふき落ちた

C.C.「エルザ失格 優勝はルーシィ フレア組!」


ルーシィ「エルザに勝った……やったああぁー! ハァハァ……ハァハァ……」


失神したエルザに抱きつきぐったりするルーシィ


C.C.「少し休んでろ まさかパートナーが最初に脱落してからの 逆転劇はすばらしい 驚異のスタミナだな ルーシィに拍手!」


ルーシィファンや 会場にいる観客がみんなが拍手


C.C.「もうちょっとマイクで長引かせてやるか 次の大会フェアリーテイルはお休みだ ゆっくり休め」

観客「えー? なんで?」
と声をもらす観客たち



C.C.「次の大会はワンピースのレズバトルタッグを開催する その大会が終われば 次の大会はワンピース vsフェアリーテイルのレズタッグバトル対抗戦だ」


観客「マジで ワンピースか」
観客「ワンピースも可愛い子と綺麗な子多いよね」

観客達が楽しみなのか盛り上がる


C.C.「じゃあ優勝したルーシィ マイクで大会締めてくれ」

C.C.はルーシィにマイクを渡しリングを降りた

ルーシィ「ハァハァ……私が優勝しました!」
フラフラしながらマイクアピールするルーシィ

観客「きゃあー///」
観客「ルーシィ可愛い///」


ルーシィ「次はオフで次の大会が対抗戦ですか メンバーやカードはわかりませんが勝つのはフェアリーテイルです……ハァハァ ファンの皆さんには役立たずのフレア 敵チームのミラ ミネルバは……ファンの皆さんにプレゼントしたいと思います 私はウルティアとエルザと優勝賞金あればいいんで♪ 応援してくれた皆さん 今日はありがとうございました!フレア ミネルバ ミラとやりたいかたはリング回りに来てくださいね」

と大会を締めたルーシィ
ルーシィは 意識が戻ったウルティアとエルザを担いで退場した


リング回りで倒れているミラ ミネルバ フレアは
女性ファンたちに体を触られ 舐めまくられ キスされまくった



レズバトルタッグ優勝したのはルーシィ フレア組
いや ルーシィがほぼ一人で優勝したような形となった

終わり!


ウルティアはエルザを押し倒し エルザの胸元に座った

ウルティア「まずはタッグパートナーとギルドの仲間の愛液舐めなさい!」

エルザ「んんぅ!」
エルザの口にルーシィとミネルバの愛液つきのペニパンをエルザの口に突っ込む

ウルティアは動いてエルザの喉の奥までいれようとする!

エルザは涙目になる

エルザ「げほぅ……げほぅ……」
ウルティアはエルザの口から抜けば エルザのまんこにすぐに挿入 正常位でガンガンついていきながらエルザの胸を両手で揉みながらキス


エルザは力が入らずほぼ抵抗もできずに
ウルティアに快楽を与えられ続けた

エルザは5回連続でいかされた

エルザ「ハァハァ……ハァハァ」
ウルティア「しぶといわね ハァハァ」


エルザはかなり攻めこまれたが
ウルティアも攻め疲れてきたのか息が荒い


ウルティア「あぁう あんっ!」
ウルティアの背中をペニパンと鞭を身に付けたルーシィが鞭で攻撃したのだ


ウルティア「小娘が!」

ウルティアは振り向き起き上がったが
ウルティア「あんぅ はぁあぅ!」

ルーシィはウルティアの胸やまんこも鞭で叩いていく


エルザは竹刀とペニパンを身に付けて
ルーシィの頭に竹刀で一撃 ウルティアの頭にも一撃いれた

ルーシィはコーナで座りうずくまる

ウルティアは大の字で倒れた

エルザはウルティアのペニパンを脱がし
お返しとばかりに正常位でガンガンついていく


ウルティアの両手首を掴み引き寄せるように引っ張りウルティアは抵抗すらできない

ウルティア「やめろ///エルザ…………ブクブクゥ」


エルザ「お前の負けだウルティア」

エルザは何度もウルティアをいかせ
ついにウルティアは痙攣し 泡をふき 失神した

C.C.「ウルティア失格!」



ルーシィがエルザの背後から抱き起こしエルザの顔を右脇に挟み 背中を剃らせドラゴンスリーパー!


ルーシィ「終わり!」
ルーシィがアピールし エルザが意識が朦朧として来たとこにDDTをきめた



そしてルーシィはコーナに上ってダイビングヒップドロップ!

エルザはかわした!

ルーシィ「つぅ!…………」


ルーシィは大の字で倒れる

エルザもうつ伏せでぐったりしている


ルーシィ vs エルザの一騎討ちの形となった決勝戦

最後に勝つのはどちらか?

次回に続く

ルーシィ とウルティアがリングに上がった瞬間

ミネルバはウルティアに エルザはルーシィにストンピング!


ルーシィはコスチュームの上からエルザのまんこに思いっきりチョップし エルザをひるませた

ルーシィはエルザのまんこを鷲掴みしながら立ち上がりボディスラム からヒップドロップをきめた


ミネルバはウルティアの尻に蹴りを入れていた


ルーシィはミネルバを背後から抱き締めバックドロップを決め ウルティアを救出

ウルティアは場外にエルザを蹴り落とした

リング上ではミネルバ vs ルーシィ ウルティアの1 vs2の形を作った


ミネルバはコーナをつかんで立ち上がったが
ルーシィの串刺しヒップアタック
ウルティアのランニングエルボーを食らった

ルーシィはトップロープに登り
ウルティアは ミネルバにファルコンアローを決め

ルーシィのダイビングヒップドロップが ミネルバの顔に落下した

ウルティアはすぐミネルバをジャーマンで投げつけてから まんぐり返し状態のミネルバに 後方回転し 手まん&クンニ

ミネルバ「あああぁー!」
ミネルバは2回いかされたが
ウルティアの後頭部に背後からエルザがスライディング式のラリアットを決めて救出

エルザはウルティアの頭を股に挟みパワーボムの体制 ウルティアは耐える その間にルーシィがエルザの正面からラリアットでエルザをなぎ倒した

ルーシィはエルザの右手と頭を脇に挟み脇が固め
ルーシィの巨乳がエルザの鼻と口を塞ぎ 呼吸もスタミナも奪う

ミネルバ「終わりだ 小娘! なっ んんぅ!」
ミネルバがルーシィに手まんを仕掛けようとするがルーシィは両足でミネルバの顔をかにばさみ!

しかしミネルバの口がルーシィのまんこにくっついていて ミネルバはルーシィのまんこに吸い付いた

エルザも抵抗しルーシィの乳首に吸い付いた


ルーシィ「あんんっ///ウルティア早く!」
ルーシィは二人を締め付け動きをとめていながらも乳首とまんこを吸い付かれていた


ミネルバ「ん?んんぅ!」

ウルティアはうつ伏せになってるミネルバの両足に股がって座りペニパンを装着していた
そしていれて 激しく腰をふった


ミネルバ 「んんぅ!少しでも多く!……チュッチュッ」
ミネルバは体力的に限界が近かった
少しでもルーシィをいかせてやろうと最後の力を振り絞りルーシィのまんこに激しく吸い付いた




ウルティア「おちろ!! 」
ウルティアも激しく腰をふる


ルーシィ「あんんっ/// 」
ルーシィは潮を吹いたが
ミネルバは白目をむいて落ちた 顔はルーシィの愛液まみれに

C.C.「ミネルバ 失格」
これでルーシィ vs エルザ vsウルティアという形になった

ミネルバをウルティアは蹴り落とした

ルーシィはまだエルザに脇固めを決めていた

ルーシィ「次はエルザだよ ちょっんんぅ!」


ウルティア「ご褒美だ 小娘 んんぅ……チューッ!」
ウルティアはルーシィの鼻をつまみ 口をあけさせ
大粒の唾液をルーシィの口の中に垂らし 吐き出せないようにキスで口をふさぐ


ルーシィ「んんぅ! ごっくん♪」
ルーシィはウルティアの唾液を飲み込んでしまう


ウルティア「飲んだか いい子だな もっとご褒美をやろ♪」

ウルティアはルーシィの腰を掴み自分の股間に股がらせるように座らせた そしてウルティアのペニパンがルーシィの中に入り ウルティアとルーシィの対面座位になった


エルザ「 げほぅ げほぅ……」
エルザはようやくルーシィの脇固めから解放され咳き込みながら酸素を取り込む



ルーシィ「あんんっ///裏切り者! んんぅ!」
ウルティア「私と組んでないだろうが 気持ちいいか?小娘 いい顔だな」

ウルティアは優しくつきあげながらルーシィを抱き締めキス


ルーシィも気持ちよさそうな顔をし
ウルティアを抱き締め舌を絡ませる

しかし攻めているのはウルティア

ルーシィは体を痙攣させいかされた

ウルティアはルーシィをどかせて標的をエルザに変えた

ルーシィは意識はあるもののリング上で大の字

ウルティア「小娘 お前は甘いデザートしか似合うな デザートは最後にとっておこう まずはステーキのエルザからだな!」


エルザ「 ハァハァ……貴様か! 前回の大会はお前に勝ったのは私だ 今日も同じ結末だ!ハァハァ」

エルザはまだ一回もいってないが
ルーシィの脇固めが長く決められいたのと 序盤から動き回っていて攻め疲れてきたのか 息が荒い


エルザ vs ルーシィ vsウルティア

序盤から激しく動いたリング上
まだまだどうなるかわからない

次回に続く

リング上では ミラとエルザが互いのオッパイにチョップ合戦を繰り広げていた


ミネルバは赤コーナで休んでいる


ウルティアは ルーシィの体を気に入り
自軍のニュートラルコーナーのリング下でルーシィを抱き締めキスしながらミラとエルザの戦いを見つめていた


ウルティア「お前は最後にミラと二人でいかせてやる♡舌を出せ」

ウルティアはいかせる気がなくなり ルーシィの体をじっくり味わうつもりだ


ルーシィは素直に舌を出し ウルティアに舌を吸い付かれた

ルーシィも抵抗せずウルティアを抱き締めていた

ウルティアの体と唇はやわらかくルーシィが自らもとめてしまうほど気持ちいよかったのだ


リング上ではエルザがチョップ合戦でミラに勝った

エルザは赤コーナにミラを引っ張ってつれていき
ミネルバとタッチ

ミネルバはミラをコーナに押し付けた
ミネルバとエルザがミラに二人がかりでキスし
二人の四本の手がミラの胸や尻 まんこをなで回す


C.C.「ロープブレイク ロープブレイク」
C.C.が注意するもやめない二人


C.C.「ワン・ツ・スリ・フォー」
反則カウント5つ数える寸伝に二人は一時的にミラから離れたがすぐにミネルバがミラを掴み コーナでスイング式のDDTをきめた



ミラの頭はリングに垂直にささり大ダメージ


ミネルバはミラのお腹に座り 手まん!


ミラ「あんんっ///」

ウルティア「ミラ!……小娘が! 離せ んんぅう///」
ミラがピンチになり ウルティアが助けにリングに入ろうとするもルーシィに足を捕まれたウルティア


ルーシィはさっきやられたようにウルティアの下のコスチュームを脱がし 唾をはき 塗りつけるように舌でウルティアのまんこやアナルを舐めていく



C.C.「20分経過 タッチ制ルール解除!」
20分経過しタッチ制のルールがなくなった


ミラはミネルバの手まんにいかされた


エルザ「ミネルバ こっちだ」

エルザは赤コーナトップに座ってミネルバに指示


ミネルバはミラをブレーンバスターの要領で持ち上げ エルザにミラを渡す


エルザ「ぬうぅ!」

エルザはセカンドロープに両足をかけてミラを抱えたまま立ち上がろうとする

ミラを落としそうになるがミネルバがミラの背中を支えた


ミラ「ちょっとこれは…… きゃあぁ! あああぁー!」


エルザが雪崩式のパワーボムをきめた

ミラは大ダメージ エルザとミネルバは動けないミラの上下のコスチュームを脱がした




そしてミネルバがスリーパー
エルザの手まん&クンニ

流石のミラも二人の攻めに耐えきれず失神

C.C.「ミラ失格」

これでルーシィ vs ウルティア vs ミネルバ エルザ

という形になった


ルーシィ「流石のあんたも一人であの二人に勝てないわよね ここは私と共闘してあの二人と戦わないと優勝はないわよ!」

ルーシィはウルティアに共闘を求めた


ウルティア「小娘が! だが言った通り 私が1 vs 1で戦って勝てるかわからない二人のタッグ 私とお前がどちらか先に潰されれば あいつらの優勝だ しかたないな」

ウルティアはルーシィとの共闘を受け入れた



エルザ「ミネルバ どちらかを潰せば二人で生き残ったほうを可愛がってやろ 」

ミネルバ「そうだな エルザとわらわが優勝するのじゃ」


一時的に
ルーシィ ウルティア vs エルザ ミネルバ
という形になりそうだ


これまでにいかされた回数は
ルーシィ 7回
ウルティア 4回
ミネルバ 3回
エルザ 0回

体力的にもエルザ ミネルバ組が有利だ

次回に続く


↑このページのトップヘ