カテゴリ: バトルシップ 国をかけた闘い

ヴァルキリ帝国が一気に優位な展開に持ち込んだがチェンが一時的に裏切り行為を見せた


アルス「貴様をぼこぼこにして私の部下にする!


チェン「貴様を倒し帝国最強の座とリアナを手に入れる」


二人はお互いにハイキックを放ち 蹴り足と蹴り足がぶつかり合う
image


チェンにチャンスをもらったリアナは牢屋に向かっていた

リアナ「出てきなさい オリビア ラファ!」


ラファとオリビアは牢屋の中で拘束したリリアの顔に交互にキスをしていた

ラファ「あら?チェンとアルスは?…まぁいい オリビア あの子一人くらい倒しなさい 私はリリアをこのまま拷問して戦意喪失させるから」

リリアはラファたちにドレスを剥ぎ取られ全裸だ

ラファに押し倒され リリアに手まんとキスを妹のリアナの目の前で犯される

リリア「んあぁあ! やっやめろよ んあぁあ! 」

リリアは体をクネクネさせることしかできずにラファの攻めを受ける!


リアナ「お…お姉ちゃん…ぐぅう!」

リアナはリリアに気をとられている間にオリビアに膝蹴りをいれられ 体を両手で突き飛ばされ
壁に背中を打ち付けられてしまう


オリビア「あなたの相手は私がする あなたの姉は牢屋の中…あなたを海に突き落とすか 牢屋にぶちこめばヴァルキリ帝国の勝利 アルカディアはヴァルキリ帝国のものよ!」


リアナ「あんたを倒して お姉ちゃんを助けてラファをやっつけるんだから!でもこいつに手こずってたらお姉ちゃんがラファに…早く仕留めないと」


リリアはずっとラファに好き勝手にせめららている


デッキでのチェンとアルスの闘いでは蹴りあいの中アルスがチェンの股間を鷲掴みし ギュッと握った


チェン「貴様 そんなとこを んあぁあ!」

チェンの動きが止まりさらにアルスは強く握る


アルス「ファイトもいいけどさ あんたにリアナを犯すチャンスを邪魔されてムカつくんだよね 変わりにあんたの体をめちゃくちゃに犯してやる」


アルスは股間を鷲掴みにしたままチェンを持ち上げ ボディスラムでデッキにチェンを叩きつけた


チェン「ぐはっ 貴様…やっやめろ!」

アルスはチェンのドレスを剥ぎ取り全裸にしていく


この世界のふたなりの体は竿とまんこがついている


アルスはチェンの体に座り

アルス「いただきまぁーす♡」


アルスはチェンの竿にしゃぶりつき チェンのまんこを撫でていく

チェン「んぐぅ 貴様なんぞに オラァ!」

膝蹴りを アルスの鼻にいれた

アルス「貴様…んぐぅ」

鼻にまともに入りアルスは涙目になり 鼻を両手で抑える


アルスはそして見上げたとき

チェン「喰らえ!! …はぁああ!」

チェンのかかと落としが入る さらにチェンはためをつくってアルスの顔面を蹴りあげた

アルスは鼻血をだし 大の字になる

チェンはアルスの両足を持ち 脇に挟んで船の端までアルスを引きずる


チェン「私の勝ちだ 帝国最強の座とリアナは私がもらう」

チェンは後ろに倒れアルスの体が起き上がる
起き上がったとこでアルスの両足を離しシーソーホイップでアルスの体を海に投げ出した


アルス「えっ?…うわあぁあぁ!」

ザブウウゥーン!!


アルスはチェンに海に投げ出され失格となる

チェン「アルス…私の体をもてあそぼうとしたのが命取りだ まぁ少し休んでから牢屋に向かうか!」

アルスとチェンの対決はチェンが勝ち残った


牢屋付近での闘いではリアナとオリビアが蹴りあい 叩きあいの闘いが続いていたが

バチイイイイーーン!

リアナが強烈なビンタをオリビアにいれ
オリビアの動きが止まった

リアナはそのままオリビアの髪をつかみ 引っ張りながら船の外へ投げ出した!

オリビア「嘘でしょ…私はまだ活躍して ないんだからあぁああー!」

ザブウウゥーン!

リアナとオリビアの闘いはリアナが勝ち残った


ラファ「あら 情けないわねオリビア まぁあんたの姉は戦力にならないわよ」

ラファが牢屋から出てきた リリアはリアナとオリビアが闘っている間に 牢屋の中でラファにいかされまくって潮をふき気絶させられていた


リアナ「ハァハァ…あんたぐらい私が んぐぅ!」

リアナは背後から首を締め上げられる


チェン「アルスは倒した リリアはラファ様が倒した…あとはお前だけだな ペロッ」

チェンがリアナの耳をペロッと舐めた


リアナ「嘘でしょ んあぁあ! やっやめて」

ビリビリ ビリビリ

リアナの正面からラファはドレスをビリビリに破り リアナを全裸にする


ラファ「チェン 抑えてなさい 味見をして この子のおまんこほぐしておいてあげる ペロペロ チュッチュッ」


ラファはしゃがんでリアナのまんこをなめあげていく


リアナ「んあぁあ! いやだあぁ!」


リアナはチェンに首を絞められたままいかされるまでラファに舐められた


そして二人がかりで牢屋にぶちこまれたリアナはチェンに犯され アルカディア王国が敗北となった


リリアが目を冷ますとリアナがチェンに犯されていた

リリアはラファに膝枕をされていて リリアがラファの顔を見上げた


ラファ「アルカディア王国は負けた これからはヴァルキリ帝国の支配下になる 兵士もリアナも リリアお前もだ そして私の花嫁だ チュッ」


ラファはリリアの頭を撫で 優しくリリアにキスをした



バトルシップの闘いから1週間後
元アルカディアの領土である綺麗な空と海が見渡せる丘の上でラファとリリアの結婚式が行われた
image


アルカディアはなくなりヴァルキリ帝国のものとなった

アルカディアの兵士たちもヴァルキリ帝国の兵士の部下となった

終わり


今回のバトルシップ 国をかけた闘いはこれにて
終了となります

最後のほうはイラストかなり減らして手抜きしちゃいました(笑) 次の作品を描きたくなりましたので仕上げちゃいました まぁ初めてウェディングドレスのラファとリリアのレズキスを描いてみましたが ウェディングドレスのレズキスなんかいいね 今回のキャラはまたいつか違う作品でも描いていきたいなとも思っています


今回のバトルシップ 国をかけた闘いの作品についてご意見や感想のコメントをくれると嬉しいのでよかったらコメントください


次の作品もお楽しみに!

今回はイラストを描く気力がなかったので(笑)
文面だけで妄想をお楽しみください
たまに文章だけもいいかなと思います


五分五分に戻した帝国側


レイ「ちぃ 下にはいなかったか…さっきの音はなんだ…鉄板がない! 誰かが落としたのか? デッキからしか戻れないな」

レイは船内の下の風呂とトイレを探索したが誰もいなかった

牢屋がある二つの出入り口付近の鉄板がチェンが落とし 船のデッキからしか 二つの船の出入りができなくなっていた


レイ「早くルーイと合流し アルスを仕留めねば」

レイは上に向かう


ルーイ「やつはどこだ? デッキには誰もいない この部屋は? たしか倉庫かなんかだったか? んぐぅ」

ルーイはヴァルキリ側の倉庫にはいったが背後から髪を捕まれ壁に顔面をぶつけられた


アルス「フフフ あら急にぼっちになったんだ? 私もぼっちだからね 一人もん同士楽しみましょ!」


ルーイはアルスを両手で突き飛ばした

ルーイ「貴様 オリビアよりかなり強いな」

アルス「あんな頭のよさだけしか取り柄のない女と一緒にしないでくれる? 帝国最強の私に…帝国最強だったかな?…チェンも私に劣らないくらい強いんだけどね」


倉庫の外にはリリア リアナの姉妹がデッキの上にいき アルカディア側の船に行こうと鉄板の上を走り出した


二人の目の前にはラファ オリビアがデッキの上に現れた


リリア「なに まさかチェンが助けたのか? リアナあいつらを再びぶちこ…」

リアナは全力で走りラファを抱き倒しキスをした



ラファ「んぐぅ どけろ 貴様 私の唇をよくも…オリビアはリリアをやれ リアナが私が仕留める」

ラファはリアナを突き飛ばし 狙いをリアナに決めた



リアナ「へぇー 姉上より私と闘いたくなったんだね 私の花嫁になってもらうから」


リリア「んぐぅ 貴様 どけろ ぐぅはぁ!」

オリビアはリリアに抱きつきキス 倉庫の壁にリリアの背中を打ち付けた



リアナ「姉上!… あぐぅ…いた」

リアナは背後から背中を思いっきり蹴りあげられた


チェン「オラよ てめぇが私の花嫁になるんだよ ラファ様 スーザンは海に落としましたわ」


ラファ「やるわね でもチェン この女は私にやらせて 唇を奪われてムカついてるんだ チェンはオリビアとリリアを海に突き落としなさい」

ラファはチェンに指示を出しながらリアナの足を踏みつけ 痛め付けていく

オリビア「チェン あなたを蹴りをちょうだい!」

リリアの背後にまわって抱きつき チェンに蹴りを要求

リリア「はっ 離せ ぐぅー!」

チェン「1発で終わらせてやる はぁああ! オラァ」

チェンは構えて 力をためてリリアの顔にハイキックを狙った

リリアは終わったと思ったが

バシイィン

レイ「なんだ その蹴りは?」

レイがリリアとチェンの間に入りノーガードでチェンのハイキックを顔で受け止めた


チェン「なぁ? ノーガードで私の蹴りを あぐぅ! んんぅ!」

レイは蹴り足をつかんだまま チェンの股間を膝で蹴りあげた そしてチェンの首を掴んだレイ


レイ「喰らえええぇぇぇー!」

レイはチェンの首をつかみ デッキに叩きつけるチョークスラムを決めた


チェン「ぐぅー! まだまだ!」

チェンはレイの腕をつかみ 両足でかにばさみ 三角締めを決めた

レイ「ぐぅう!やるな」

そのときにヴァルキリ側の倉庫のドアが壊され

中からルーイが出てきた

ルーイのドレスはビリビリやぶられ尻から白い液体が流れていた 目には悔し涙も


アルスがあとから倉庫から出てきた

アルス「あんた マジ弱すぎ…まぁいい尻だな 中に出してやったぜ」

アルスはルーイの尻を踏みつけ

アルカディア側の船を確認する

アルス「あら…みんないるのかしら? おい兵士 海に落ちたのは誰だ?」

アルスは大声で下にいるヴァルキリ兵士に問う

ヴァルキリ兵士「帝国側はアレックス様を アルカディア側はスーザン様を保護しました


下から兵士が叫んで答える


アルス「なるほど お互い一人ずつ脱落かな 1…2…3…4 みんなデッキの上でやり合う感じ?」


レイ「なっ…ルーイがあそこまでやられるとは…ぐぅう!」

チェン「おい! よそ見してっと落とすぞ あぐぅ!」

三角締めを決めているチェンとレイの体にオリビアが突き飛ばされぶつかった

リリアが突き飛ばしたのだ

リリア「そろそろ本気でいく! 牢屋にぶちこんでる暇はない 全員海に突き落とすわ」

ラファ「あら? リリア それもいいわね ぶちこんでも敗者復活がうっとうしくなってきたもんね? 私たちも全員海に突き落とすぞ」

両国の女王が全員に指示をする

アルス「わかりましたわ 女王様」


アルスはルーイの股間にわしづかみにしながら両手でリフトアップした

アルス「終わりだぁ!!」


ルーイを海に簡単に放り投げた

ルーイ「うわあぁあぁ!」

ザブウウゥーン!!

ルーイは頭から海に落とされて水しぶきがあがる


ラファ「流石アルスね 帝国最強決めるのにふさわしそうなシチュエーションになりそうね チェン アルスは二人でレイを仕留めなさい 私とオリビアでこの王女姉妹二人と闘う 仕留めたら私たちの援護よ」


ラファはチェンとアルスに指示を出す



レイ「ぐぅう! 貴様ら…ルーイがやられて4体3 しかも強敵二人が私の相手だと…」

レイは鉄板の上に逃げたがチェンとアルスに挟まれる


チェン「バカめ アルス 鉄板外してこいつを落とすぞ」

チェンが先に持ち上げ 鉄板が傾く

レイはアルスのほうに走る

アルス「はぁ? 待てよ 早いって」

アルスはチェンのやり方に驚くが屈んで鉄板を持ち上げようとするが時すでに遅し!

アルス「マジ? ヤバイって あぐぅ!」


レイがダイビングパンチでアルスを叩き潰した

チェンは鉄板を外し 海に鉄板がまた落とされる

ザブウウゥーン

ヴァルキリ兵士「あぶねぇ! チェン様さっきからめちゃくちゃです」

ルーイを保護した小舟の近くに鉄板が落ちた


ラファ「チェン もう鉄板を外すな 残りは1つ 行き来ができなくなる アルスの援護にいけ!チェン」

チェン「すいません ラファ様 アルス今援護にいく!」

チェンは1つの鉄板の上を渡っていくしかない
かなりの遠回りだ

レイ「今のうちにこいつを仕留めねば 落ちろ!」

レイはアルスの体を蹴り転がし海に落としたと思われた


アルス「まだ 負けない!」

アルスは牢屋付近の船の出入り口に両手でぶら下がることができた


リリア「アルスはまだ落ちていないわレイ 今のうちにチェンを仕留めて あん!」

リリアはレイに報告するがオリビアがリリアにビンタをする

オリビア「よそ見してんじゃないわよ」


レイ「ぐぅう! 落ちなかっただと? ぐぅう!」


チェン「オラ! 」

その間にアルスは船内によじ登る



アルス「あの野郎ゆるさね」

アルスもすぐにチェンに加勢した


レイ「ぐぅう! んぁあ! いたぁ ぐうぅ!」

レイはチェン アルスの二人の鋭い蹴りに痛め付けらていく!


そしてついにレイが


レイ「すいません…リリア様…」

ザブウウゥーン!!
レイが海に二人によって落とされてしまう



リリア「そんな レイまで!」


リアナ「嘘でしょ? 私たち二人?」


リリアとリアナはラファ オリビアとキスとビンタでやりあっていたが戦意を喪失してしまう

そこにチェン アルスが戻ってきて4対2の関係に


ラファ「あら どうしたの? 私たちを倒さないと私たちの支配下になっちゃうわよ リリアは私とオリビアで牢屋でいじめるわ アルス チェンはリアナが好みなのよね 二人で寝室につれていって可愛がってあげなさい アッハハハ」

ラファは顔にも声にもかなりの余裕が見える


リリア「そんなの嫌よ リアナ海に飛び込んで負けましょ! んぁあ!」

ラファがリリアの髪を引っ張る

ラファ「させるわけないじゃん リリア あんたは私とオリビアに牢屋にぶちこむ リアナはチェンとアルスが飽きるまで弄んであげるわ そしてリアナを牢屋にぶちこんで終わりよ あなたたち二人は可愛いから海に突き落とすなんてしたくないの わかった? アハハ」


リリアはラファとオリビアにヴァルキリ側の牢屋に連れていかれ

リリアはヴァルキリ側の寝室にチェン アルスに連れていかれた


アルス「リアナを縛れ チェン」

チェン「はいよ アルス」

チェンがリアナの両手を縄でベッドに縛る

リアナ「ぐぅー!負けたくなかった」

リアナが涙を浮かべるが チェンがリアナの耳元に近づけた


チェン「縛られたフリをしてじっとしていろ チャンスをやる…お前をアルスに手を出されたくないのでな 奴を私が海に落とす 邪魔をするなよリリア」

チェンがリアナの耳元に囁く

リアナ「えっ?…んんぅ!///」

リアナはチェンの言葉にドキッとし チェンにキスされる

しかも縄はユルユルに縛っている 少し暴れるだけでほどけそうなくらいに

チェン「ねぇ アルス 私は勝ったら私の花嫁にリアナがほしいんだよね 帝国最強の座とリアナをかけて私とやろうよ?」

チェンはベッドから離れ アルスに話しかけた

アルス「何を言っている? リアナをかけてだと?帝国が勝ってからでもいいだろ? リアナとやらせろよ…ぐぅう! 貴様なにをする?」

アルスの溝に蹴りをいれたチェン

チェン「悪いが拒否権はない 貴様がリアナに手を出すのが気に食わんのでな あとリアナ勘違いするなよ こいつを仕留めてから貴様を仕留めて花嫁にする 私の実力もあとで体に教えてやる」


リアナ「へぇー…なんかわかんないけどキュンッてなっちゃたよ 私が勝ったらラファを花嫁にしてチェンあなたを私の護衛にするから」

チェン「フフフ それも悪くないが本気で勝負しよ リアナ」

チェンがアルスの頭をヘッドロックしデッキにつれていく

アルス「貴様…なにをしているのかわかっているのか? 帝国への裏切りだぞ!」


チェン「まぁよいではないか あと二人牢屋にぶちこむか 海に落とせばいいだけだ それで負けるなら帝国が無能すぎるだけだ…まぁそんなことよりさ アルス帝国最強をかけて闘おうよ! 海に落とした方が最強ってことにしようか?」


チェンはデッキにアルスをつれていき 突き飛ばした


アルス「まぁいい 私もラファ様にこのことは黙っておこう だが貴様が負ければ私に忠実な奴隷になってもらうからな」

チェンがまさかの一時的な裏切り行為に出た!
アルスと帝国最強の座とリアナをかけて

リアナ「なんであいつユルユルに縛ったの? 姉上を助けろってことか? アルスを片付けたら私と勝負する気満々みたいだったしな 今のうちにお姉ちゃん助けてやる」


リアナは暴れて縄をほどき 牢屋に向かった!

ルーイ レイが海に突き落とされ
4対2となった闘い

アルカディア側が圧倒的に不利な状況になったが
まさかのチェンが一時的に裏切りアルスと仲間割れ リアナも自由な状態にした


まだどうなるかわからない バトルシップ 国をかけた闘い

次回もお楽しみに

アルカディア側が優位な展開に持ち込んだ


リリアもラファを仕留め牢屋にぶちこんだ

リリア「あら 誰かがもう一人捕まえたんだね」

アルカディア側の船の牢屋には
オリビア ラファが収容された

ラファはリリアにドレスを剥ぎ取られパンツとタイツだけ身に付けて腕を拘束されていた

ラファ「くぅ オリビアもいたのか…なっ リリア…なにするんだ!」


オリビア「この声は…ラッ…ラファ様 んんぅ!」


リリアが二人の股間になにかを塗りつけた


リリア「媚薬よ この船で見つけたんだ あんたの兵士たちはエロい兵士が多いのね」


ラファ「ちょっと やっやめろ 」

リリアはラファとオリビアの股間をくっつけて
二人の体をまとめて縄で拘束した


リリア「刺激をほしくなったら体を揺すりなさいよ♡ 二人のおまんこが擦れて気持ちいいわよ じゃあね」

リリアは牢屋にカギをしめどこかにむかった


オリビア「こ…股間が…ラファ様すいません んあぁあ!」

オリビアは媚薬が効いてきて快楽を求め腰を揺らす


ラファ「コラァ やっ やめろ んあぁあ! 動くなオリビア んんぅ!」

ラファはオリビアと貝あわせをすることになる
image


ヴァルキリ側の船では

ルーイ「んぐあぁあ ! 握んな!」

優位に闘っていたルーイはアルスに股間を鷲掴みされ動きがとまっていた


アルス「お前はふたなりか わたしはふたなりもすきでな」

アルスは強く握ったまま ルーイを壁に投げつけた


ルーイ「がはっ! いってぇ!」

ルーイは頭を壁に打ち付けられた

アルス「よくもやってくれたわね」

アルスは枕をもち ルーイにやり返そうとしたとき

レイ スーザンが部屋に入ってきた


レイ「ルーイ 今助けてやる! ぐあぁ!」

スーザン「ボッコボコにして んぁあ!」


アルスは二人の顔に枕を投げつけ 部屋を出て逃げた


アルス「なぜあの二人が? アレックスは?やられたのか?3人も相手をできるわけがない!」


アルスは驚きながら逃げる

ルーイ「つぅ…なんでお前ら二人全裸なんだ?」

ルーイを助けに来たレイ スーザンは
来ていたドレスはアレックス アルスに剥ぎ取られ海に捨てられていた


スーザン「ぐぅ…あんたに昔襲われたの思い出す あんたの目の前で全裸はやだ…」

ルーイはスーザンを犯して謹慎処分を受けたのだ

ルーイ「お前の全裸はそそるね… まぁ早く帝国潰すの手伝ってくれよ 帝国の女を犯したくてウズウズしてんだ フハハハ オリビアは捕まえた お前ら二人が助かったなら有利な展開になってきてる お前らはさっき捕まって犯されていいところまだないんだろ レイ スーザン」


レイ「うっうるせぇ アルスを仕留めるぞ」

レイ スーザン ルーイはアルスを追いかけるが
アルスの逃げ足が早く見失う

レイ「どっちにいったんだ?」

スーザン「上か下か? 私たちの船ね 私は私たちの船にいくわ 下にいってシャワー浴びたい 犯されまくったから洗い流したい この船は風呂もあったはず」


ルーイ「お前が犯されただと? 俺のスーザンをよくも ボッコボコにしてやる」

ルーイはさらに殺意を剥き出しにする


スーザン「あんたの女になったつもりはないけど」


レイ「ルーイ 私はこの船の下にいく お前は上に行け 誰も下にいなければ上にすぐ向かってルーイに合流しよ!」

ルーイ「わかったわ」

3人は三方向に別れた


リリアはヴァルキリ側の牢屋の前にいた

リリア「あら リアナ捕まったの?」

牢屋にいるリアナを見つけた

リアナ「いいえ 姉上 自分から入って休んでたわ」

リアナは中からカギをあけて牢屋から出た


リアナ「オリビアを捕まえたし アレックスはレイと海に落としたわ」

リリア「あら 私はラファを仕留めたわ ってことはアルス チェンっていう二人だけね 勝ったな」

リアナ「こっちにはアルスがいた たぶんルーイがやりあってたけど スーザンとレイも援護にいったわ 姉上 私たちは二人でチェンを仕留めましょ!」


リリア「わかったわ こっちには3人いるのね 私たちは二人で牢屋を見張りましょ? ラファ オリビアが助かるとまた面倒だわ 誰も来なそうなら 私たちの船を探索しましょう」


リアナ「わかったわ姉上」


リリアとリアナは自分たちの牢屋に戻る


チェン「ぐぅー 二人が戻ってきたか…」


チェンはアルカディア側の牢屋付近にいた


ラファ「んぁあ! チェン逃げなさい 私たちを絶対助けて いい加減にしてオリビア んぁあ!」

ラファとオリビアの貝あわせは続いていた

オリビア「女王様すいません 気持ちよくて んぁあ! いくう!」

オリビアはいってしまい ラファも2回オリビアとの貝あわせでいっている


チェン「オリビアのバカものめ まだ二人は遠い そうだ このまま鉄板ごと外せば二人を海に…ラファ様リリア様を落としてもいいですか?」


ラファ「構わん こちらが不利な展開だ リリアは思っていたより強い 落ちなかっても チェン リリアに遭遇したら仕留めてもいいが奴は強い 気を付けろ」


チェン「では 遠慮なく」

チェンはリリア リアナが渡ってきている鉄板を持ち上げようとするが 二人分の体重とこの鉄板は元々重い ヴァルキリ兵士が2~3人がかりで設置していたものだ

だが少しずつ持ち上がり鉄板が傾く
image


リリア「あれはチェン このまま私たちを落とす気!」

リアナ「姉上ヤバイ 戻ろう」

二人はヴァルキリ側の船に慌てて走る


チェン「うおおぉー! 落ちろお!」

チェンは結構持ち上げた さらに鉄板が傾く


リアナ「ヤバイ 姉上飛ぼう!」
二人ともヴァルキリ側の船に向かってジャンプした

チェン「よっしゃあぁ!」

ジャンプした間にチェンは鉄板を外し海に落とした

リリア「これはヤバッ」

リアナは船内に飛び込めたが リリアは牢屋付近の出入り口付近に両手でギリギリぶら下がっただけだ


ヴァルキリ兵士「ヤバイ 鉄板が落ちてくるぞ みんな離れるんだ!」


ザブウウゥーン!

鉄板が海に落ち 下で保護しに来ているヴァルキリ兵士たちの船には当たることはなかったが危ないとこだった

アレックス「えっ ひどい!」

保護されたアレックスに鉄板が落ちた水しぶきがかかる

リアナ「お姉ちゃん! だっ 大丈夫?手を伸ばして」



リリアは リアナの手をしっかり掴み リアナに引き上げてもらった
image


リリア「ええっ 何とかね…これは遠回りになりそうね あいつ下側のもう1つの鉄板も外したわ デッキの鉄板からしか 私たちの船に戻れない…やってくれるわね」


リアナ「チェンってやつ なんてパワーなの…ラファもほしいけど チェンもわたしの親衛隊に欲しいわね…スーザンは役にたたないことが多いからね」


スーザン「へっ…ヘクション!!」

スーザンはアルカディア側の船の下でシャワーを浴びていた チェンが鉄板を落とす前に来ていた


チェン「これで時間稼ぎになるな だれかいるのか?」 チェンにはシャワーの音が聞こえた

脱衣場にはシャワーを浴びているスーザンが白カギをおいていた チェンはそれをもって牢屋にすぐ戻った スーザンはシャワーの音でチェンが来たことに気づかなかった


チェン「ラファ様 これで助けれる」

チェンは白カギをつかい牢屋をあけて ラファ オリビアを助けた

ラファ「よくやったわね チェン それにしても早かったわね」

チェン「やつらの誰かが下でシャワーを浴びていました 脱衣場にカギが置きぱなしで… 私がシャワーを浴びてるやつを片付けます ラファ様とオリビアはデッキから私たちの船に アルスがいるはずですが あっちにアルカディアの人間が固まっている気がします」

チェンは再び風呂場に向かった

ラファ「わかったわ オリビアいくわよ 今度は私じゃなくやつらをいかせなさいよ まぁそろそろ海に落としていかないと面倒だわ」

オリビア「すっすいません女王様 私が活躍しなきゃ」

ラファとオリビアはデッキに向かった

スーザンはシャワーで体を洗い終わり
カギがないことに気づく


スーザン「あれ カギがない…ぐうはぁ」

チェンがスーザンの腹に蹴りをいれた

チェン「私がもらったわよ そろそろ本気で仕留めていかないとヤバイ気がするから手加減はしない!」


チェンは鋭い蹴りをスーザンの体に何度も叩き込む


スーザン…(こいつなんて蹴りなの…1発 1発が重い! 痛みで動けない )

一方的に蹴りこまれるスーザン チェンは髪を引っ張り船の出入り口付近にスーザンをつれていく

チェン「終わりだぁ!」

チェンはスーザンの尻を思いっきり蹴りあげた
image

スーザンの体は船の外へ蹴り落とされてしまう

スーザン「いったあぁ きゃあぁー!」

ザブウウゥーン!

スーザンの体は海に落ち水しぶきがあがる

ヴァルキリ兵士「誰か落ちたぞ 保護しろ!」


アレックス「あら 結構犯されてた子ね」


スーザンはアレックスが乗った小舟に救助される

スーザン「せっかく体洗ったのに…貴様はエロ女…」

アレックス「あら 失礼ね エッチな拷問しなきゃいけないみたいね…ねぇこの子と二人にして 毛布だけもらうわ」


ヴァルキリ兵士「はっ!」


チェン「あら アレックスやられたのか? まぁプレゼントだ 好きなだけ犯してやれよ 私はまだ闘うわ」

チェンもデッキに向かった

アレックスは船尾に小舟を動かした

アレックス「ありがとう チェン たっぷり可愛いがってあげる 海に落ちて全裸は寒いでしょ? 私が温めてあげる♡」


アレックスはスーザンを抱き締め二人で毛布にくるまり スーザンにキスしながら手まんをする


スーザン「温いけど…んあぁあ! やぁん …気持ちいい!」

スーザンはアレックスの攻めを嫌がっていたがだんだん素直になり攻めを受ける!
image


スーザンは活躍することなく 犯されただけで脱落した


これで両国の捕虜はゼロ 脱落者が一人ずつ
闘う権利があるのは四人ずつとなった

帝国側はチェンが活躍し五分五分にもどした

さぁ まだどちらが勝つかまだわからないバトルシップ


次回もお楽しみに

アルカディア側の船の食堂では
ヴァルキリ帝国の女王ラファと
アルカディア王国の女王リリアによる
女王対決が続いていた

両者は相手の体をやらしい手付きでさわりあう闘いが続いていたが ラファがいきなりリリアにビンタをした

バチィン!

ラファ「どうよ 痛い?リリア あぐぅ!」

バチィン

リリアもビンタで返す

リリア「負けない 帝国は私がもらう!」

バチィン!バチィン!バチィン!

リリアとラファによるビンタ合戦が続く

ラファが途中でビンタから リリアの腹に膝蹴りを三連発いれた


リリア「がはっ ぐぅー」

リリアは膝をつき 腹をおさえる

ラファ「調子にのるんじゃないよ!」

ラファがリリアの顔を蹴り倒し 顔を踏みつける

ラファ「ほら もう終わり?…あぅ!」

リリアはラファの片足をもち 上に持ちあげた!

ラファはバランスを崩し床に 頭を強打しうずくまる

リリア「負けんのはあんたよ!」

リリアはヒールを脱いで ラファの両足をつかみ電気あんまをしていく
image


ラファ「んんぅ! あぁあ やめろ んんぅ!」


リリア「なに パンツビチョビチョじゃない? 足裏でもわかるわ いかせてあげる ほらほら!」


リリアは足裏での刺激を強くする


ラファ「んぐぅ やめ んあぁあ!」

ビクッビクッ

ラファはいかされてしまう


リリアは調理場をあさる

リリア「これはよさそうね」

リリアは麺棒を手に持ち ラファのとこにもどってまんぐり返しにした パンツもずらす

リリア「これはあなたのおまんこ 加えれるじゃない?」


リリアはやらしい笑みを浮かべている

ラファ「やっ やめろ んぐあぁあ」


リリアは麺棒をラファのまんこに突っ込んだ
激しく抜き差しする
image


ラファ「あん いたぁ んぐぅ やだやだ やだあ!」

ラファの体には痛みと快楽が走る

リリア「いいザマねぇ 部下を帰らせたことを後悔させてあげる」

リリアはラファのまんこを麺棒でしつこく攻め続けた

その頃ヴァルキリ側の船の寝室で ルーイが壁を蹴って物音を立てていた


アルス「なんだ? 誰かいるな 寝室からだな!」

アルスはルーイの音に反応した

アレックス「こいつらの声に寄ってきたが逆に誘ってきたか?アルス どうする?」


アルス「私がみてこよ アレックスは牢屋の外で見張りを頼む あと黒カギはもういらん 海に捨てろ 8本の黒カギを捨てればこいつらは助からん 海に落ちてチェンのように脱落したようなもんだ 白カギだけ持っておけアレックス」

アレックス「わかったわ アルス」

アルスとアレックスは自分たちの牢屋を開けることができる黒カギを海に捨てた アルカディア側の牢屋を開ける白カギは二人ともスーザン レイから奪い二人とも持っている

レイ「ハァハァ…くそ!」

スーザン「まっ…負けちゃう」

牢屋にぶちこまれた二人はいかされ 負けるかもしれないと思い落ち込んでいた


アルスは寝室に向かった


リアナ「一人いったわね 今ならいけるか…オリビアから手にいれた黒カギもあるし 今なら」


リアナはアルスが寝室に向かった姿を確認して鉄板を渡り牢屋に向かった


アレックス「誰もこないでよ…ん? マジッ!」

アレックスが牢屋近くの出入り口を確認した

リアナ「まだいたか…だがあいつ一人なら」

リアナはアレックスに見つかってしまう

アレックス「あっ アル…んんぅ!///」

アレックスはアルスを呼ぼうとしたがリアナに倒されてしまう さらにキスで口封じ


アルス「アレックス?呼んだか? 気のせいか…まぁまずは寝室だな」

アルスはアレックスの声に気づかず寝室に入った

バシィン

アルス「あぐぅ なんだ貴様 ぐぁあ!」

バシィン バシィン

アルスは寝室にあった枕でルーイに顔面を強打された

そのあと頭に振り落とされ 膝をついた状態で背中を強打された
image


ルーイ「一人か チョロいもんよ」



一方 鉄板でぶら下がっていたチェンはリアナがいなくなったとこで 全力で鉄板の上に登った

チェン「ふぅー やばかったわ アレックスごめん オリビアもごめん カギがないし 今は闘えないわ」

チェンもリアナがいたせいで鉄板の下に両手で10分ほどぶら下がっていたのだ 腕に力が入らずカギすらもっていないチェンはアレックスもオリビアも助けれずアルカディア側の寝室のベッドの下に隠れて休む


リアナはアレックスの仲間が来るのが嫌なためキスをしながら手まん

アレックス「んんぅ! ここにぃ! んぐぅ」

image


アレックスはキスから逃げて叫ぼうとするが 後頭部をリアナに抑えられ キスから逃げれない

ならばとアレックスも自ら舌をリアナの口にいれて手まんで反撃


レイ「ハァハァ…リ…リアナ様だ…スーザン しっかり休んでおけ リアナ様が勝てば助かるぞ」


スーザン「リアナ様…頑張れ」


二人はリアナの姿を確認した 助かるかもしれないと思い 希望を持ち始める!


二人の手まん対決で先にいかされたのはアレックスだった!


リアナ「ハァハァ 一気に絞め落とす!」

リアナはアレックスの顔をかにばさみし一気に絞め落とそうとする
image


アレックス「んぐぅ バカめぇ まんこをなめ回してやる レロレロ ジュブブゥ」

アレックスは息をできなくされるが 落ちる前にリアナをいかせて 足の締めを緩めようとする

リアナ「んあぁあ! やっやめ ろお!」

リアナはアレックスの髪の毛を思いっきり引っ張る


アレックスは痛みが走り 攻めが緩むが しつこくなめる リアナもアレックスの手まんが効いていていきそうだ


リアナ「おっおちろおぉー!んんぅ!」

ビクッビクッ

リアナはいかされて 足の締めを緩めてしまうが

アレックスの体は動かない 顔はリアナの愛液まみれで 白目を向いていた
image


リアナ「やった!ハァハァ ハァハァ…勝った スーザン レイ!」


リアナは黒カギを使い スーザン レイを助けた


スーザン「ありがとう リアナ様」

スーザンはリアナに抱きついてキスをする

リアナ「ハァハァ…ハァハァ 私はちょっと休むわ 寝室にルーイがいる スーザン レイ援護してあげて ルーイはオリビアも捕まえて牢屋にぶちこんだわ」

リアナが自分が知っていることを二人に伝えた


レイ「やつが? 今回は結構活躍しているんだな だが先にこの女を…」


レイはアレックスをお姫様だっこした

アレックス「んんぅ!…なっなにぃ!」

レイはアレックスの顔をなめるが

レイは両手を離し アレックスの体を海に落とした
image


ザブウウゥーン!!

水しぶきがあがる

レイ「リアナ様の愛液を少しなめたかっただけだ 中々味わえないのでな」


ヴァルキリ兵士「誰か落ちたぞ 助けろ あっ…アレックス様!」


ヴァルキリ兵士が小舟にのりアレックスを助け 体をタオルでふき毛布をかける


アレックス「ぐぅー…寒い みんなごめんね…」

アレックスは海に落ち一番最初に脱落した

リアナ「スーザン レイ 私は黒カギもって捕まったふりして牢屋の中で休むわ ハァハァ」


レイ「わかりました」

スーザン「レイ ルーイを助けましょ」


これでアレックスが海に落ち脱落
オリビアは牢屋の中で捕虜

ヴァルキリ側の闘える人数は
アルス チェン ラファの3人だけとなった


アルカディア側は脱落 捕虜はゼロ
5人全員で闘える状態だ!



一気にアルカディアが逆転し 優位な展開となった

このままアルカディアが押しきるのか?

続く

ヴァルキリ帝国 アルカディア王国の
脱落者はゼロ 捕虜もゼロ

まだどちらも優位な展開が作れていないなかで
両国の女王がヴァルキリ側の船の食堂で対峙する


ラファ「やっと見つけたわ リリア あぐぅ! んんぅ!」


リリアはラファの腹に膝蹴りをいれて ラファの両手を握り押していく

ドンッ!
image

ラファはリリアに壁ドンされ キスをされる
リリアはラファの唇を吸い上げるようなキスだ

ラファはそれにたいし 舌を出して応戦
だがリリアはその舌も躊躇なく吸い上げる


ラファ「んんぅ! ぐぅ このぉ!」

ラファはリリアの股間に手を伸ばし鷲掴み
リリアの股間を思いっきり握ったのだ

リリア「んぐぅ!いたっ…い…あうぅ!」

リリアの動き 攻めが止まる ラファは両手でリリアの胸を鷲掴みし 軽く揉んでから突き飛ばした


ラファ「ふん 結構テクもあるのね? リリア パンツ濡れちゃった このエロ女王め」

リリア「私のキスぐらいで濡れるなんてね 淫乱ね クソビッチ女王」

二人がにらみあう中 食堂にアルス チェンが現れる

チェン「ラファ様 大丈夫ですか?」

アルス「あら リリアとスーザンか 4体2ね 勝ったな」


これで食堂にはヴァルキリ側は
ラファ アルス チェン アレックスの四人

アルカディア側は
リリアに腕を拘束され アレックスに手まんされているスーザンのみだ



リリア「これはヤバイわね…」

ラファ「あらリリア心配はいらないわよ リリアには手を出すな こいつは私が仕留める チェン アルスはアレックスともにスーザンをぶちこんで拷問するんだ スーザンを鳴かせて アルカディアの兵士を誘き寄せて仕留めろ」


スーザン「んぐぅ いくぅ!…ハァハァハァハァ クソッ」

スーザンはラファの愛撫に三回 アレックスの手まんに二回いかされフラフラだ

アレックスは指を抜き スーザンを立たせる

アレックス「ほら 立て 牢屋でウチらと4Pだよ アルス チェン護衛よろしく」


アルスはスーザンのドレスをめくりあげ股間を確認する

image



アルス「この女いい感じでほぐれてるじゃねぇか? パンツと股がグチョグチョだな アレックス こいつは私がぶちこむからな ぐぅ!」

スーザンはアルスの顔に膝蹴りをいれた


スーザン「見るな 誰が貴様なんかと ぐぅ」

アレックスが髪を引っ張りあげ スーザンの体を押す

アレックス「さっさと歩け アルスやりたいなら早く牢屋にぶちこむぞ」


アルス「はいよ」

チェン「ラファ様お気をつけて」

アレックス チェン アルスはスーザンをつれてヴァルキリ側の牢屋に向かった


リリア「勝てるチャンスを逃したわね 後悔させてあげる」

ラファ「あなたぐらい 私一人で仕留めることができなければ女王である必要はないもの 私も弱いわけじゃない!いくわよ」


再びラファとリリアのタイマンが始まる!


アレックス「チェン アルス オリビアは見なかった?」

チェン「見ていない」

アルス「まぁ牢屋にはいなかったぞ」


ヴァルキリ側の船の寝室にリアナが入った

リアナ「ルーイ いる?…ヤバッ」

リアナが見た目の前の光景は


ルーイ「よぉ! リアナ王女 こいつと遊んでた この女の汁うまかったぜ!」

ルーイの体の下にはヴァルキリ側のオリビアがいた ルーイの舌でまんこをなめ続けられ股はビチャビチャ ルーイにパンツを掃かされていた

オリビア「んぐぅ…ゆぅ…ゆぅふさぁはぁい」

オリビアは身に付けているのはパンツとタイツとヒールだけだった

ドレスはルーイにビリビリ破られ 破られたドレスの生地で オリビアは目 口 両手を縛られていた

image


ルーイ「リアナ王女 私はこいつを牢屋にぶちこむわ 立てよ」


ルーイはオリビアの髪を引っ張り牢屋につれていく

リアナ「私もいくわ その女以外まだ誰もつかまえれていないと思う」

リアナはルーイについていく

アレックス チェン アルスは船のデッキに出た

アルス「誰もいなさそうだな チェン 全ての鉄板をみてくれ」

アルスはチェンに指示を出す

チェン「はいよ…誰もいなさそうだけど…!」


レイ「オラァ!」

背後からレイがチェンに体当たりした!
image


チェン「ぐぅ…ヤバッ」

チェンの体は船のデッキから落ちていく

チャポン!

何かが海に落ちる音もした チェンが海に落ち 脱落したと思われる

アルス「貴様がいたのか!」

アルスが背後からハイキック狙い

レイは交わして水面蹴りを放つが アルスはジャンプして交わす

船の端でのアルスとレイの攻防が繰り広げられる

レイは木刀を左右に振り抜いたが アルスは交わした

そのときレイにスーザンがぶつかり 押し倒される!

レイの顔はスーザンの谷間に挟まった!」

レイ「どけろ スーザン んぐぅ!」



スーザン「私もうフラフラ あぅう!」

スーザンの背中にアルスが座り スーザンの胸に圧迫されるレイ

image


アルス「ナイス アレックス この女の胸で落としてこいつも牢屋にぶちこんで拷問だな」

レイは抵抗するが力が抜ける快楽が体に走る

アレックス「あんた はいてないのね いただきます」

アレックスはレイの竿をにぎり 竿にしゃぶりついたのだ



アルス「ハッハッハ やるじゃねぇか アレックス 吸い上げちまえ」


レイはスーザンの胸の中で意識が落ちていった


そしてレイが覚ました場所はヴァルキリ側の牢屋の中 全裸にされ アレックスがレイの竿をしゃぶっていた


アレックス「んんぅ! 美味しい 立派なチンポね 」

image


レイ「ぐぅ…スーザンまで」


レイが横に視線を向けるとスーザンが拘束され喘いでいた


スーザン「あん いやだ 動かないで あぁん 出さないで」


アルスがバックから竿をいれスーザンを犯していたのだ

image


アルス「きっつぃ 中に出すぞ んんぅ! あぁう!」


スーザンはアルスに中出しをされてしまう


レイ「ぐぅ やっ やめろ んんぅ!」

レイもアレックスの口に射精する

アレックス「モグモグ…ゴックン…美味しいわ まだ出るでしょ 戦意喪失するまで 私が抜いてあげる」

アレックスはレイの精液を飲んでから再びしゃぶる


リアナ「スーザンとレイかな? ルーイ助けよ」

リアナはルーイと一緒にアルカディア側の牢屋にオリビアをぶちこんだとこだった

そのときレイとスーザンが拷問されている声が聞こえたんだ

ルーイ「情けねぇやつらだな リアナ王女 何人いるかわからないし バラバラにして海に突き落とすのが手っ取り早いかもな ここから牢屋側から出てくるやつを見れるが監察しておいて 私がやつらの船で音を立てて誘き出す リアナ王女も一人でもいいから誘き寄せて」

リアナ「そうねぇ こういうときは結構便りになるわね ルーイ」

リアナは鉄板の上に立ち 牢屋側を監視している


ルーイはデッキから敵戦に向かう!


チェン…(やべぇ 見つかったらヤバイけど リアナ パンツ丸見えだぜぇ!)

チェンはレイに海に落とされたと思っていたが
海に落ちたのはチェンの両足のブーツだった

チェンはリアナの鉄板の下で両手でぶら下がっていた


そしてリアナに気づかれないように息をひそめ
下からリアナのパンツをやらしい顔で眺めていた!

image


脱落者はゼロ

アルカディア側がとらえた捕虜は オリビア一人
ヴァルキリ側がとらえた捕虜はレイ スーザンの二人


少しだが帝国側が優位な展開になってきている

このままヴァルキリ帝国が押しきるのか?

アルカディア王国が逆転なるか?


続く





↑このページのトップヘ